チョコレートとワインには意外な共通点があった?

チョコレート語辞典: チョコレートにまつわることばをイラストと豆知識で甘~く読み解く
『チョコレート語辞典: チョコレートにまつわることばをイラストと豆知識で甘~く読み解く』
Dolcerica香川 理馨子
誠文堂新光社
1,620円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> LawsonHMV

 ドイツ12.2kg、スイス10.8kg、ノルウェー9.6kg、イギリス8.9kg、オーストリア8.8kg、そして日本2.2kg。いったいこれらは何を表しているのか見当がつくでしょうか? 

 実はこの数字、1人あたりのチョコレート年間消費量。日本とランキング1位のドイツとでは、10kgもの差があることがわかります。(※註:数値は『チョコレート語辞典: チョコレートにまつわることばをイラストと豆知識で甘〜く読み解く』に記載されているデータより。本書が参照しているのは『SELECTED COUNTRIES OF THE WORLD CHOCOLATE PRODUCTION AND CONSUMPTION 2013』)

 ドイツに比べるとその消費量は少ないものの、子どもから大人にまで愛されているチョコレート。Dolcerica香川 理馨子著、 千住麻里子監修による著書『チョコレート語辞典: チョコレートにまつわることばをイラストと豆知識で甘〜く読み解く』を参考に、ここではチョコレートについての豆知識をご紹介していきます。

 甘いものは苦手という方でも、チョコレートはお酒と共に楽しむこともできます。ブランデーとチョコレート、ウイスキーとチョコレート、さらには日本酒とチョコレートといったように、その相性は良く、本書によれば、「シャンパンとチョコレートの組み合わせは、フランスではとてもポピュラー」、パリでは「ドリンクはシャンパンのみ、おつまみはチョコレートのみ」というホームパーティもよくあるのだそうです。

 そんなチョコレートは、ワインとも意外な共通点が。

 ひとつめはポリフェノール。「抗酸化作用がある成分として知られて」いるポリフェノールは、ワインはもちろん、「カカオにも豊富に含まれて」いるとのこと。

 ふたつめは、保存方法。「チョコレートの保存に適した温度は16〜22℃の常温」「湿気が少なく、日光の当たらない場所」がベストですが、「夏場の保存には、温度の低い冷蔵庫より、庫内が12〜15℃ほどで安定しているワインセラー」の方が合っているのだと本書には記されています。

 そして、テイスティングという点でも共通点が。ワインのテイスティングは広く知られるところですが、チョコレートにもテイスティングがあるのだそう。味覚や嗅覚だけでなく、視覚、触覚、聴覚を使ってのチョコレートのテイスティングの仕方。その方法を少し見てみましょう。

 まずは"見る"。「色やキメ、ツヤなど」チョコレート全体を見ます。「品質の高いチョコレートは色に濃淡のムラがなく、キメも整っていて、自然な輝きがある」(本書より)

 続いて"触る"。表面に「そっと触れ」、触り心地を確かめます。そして"聞く"。本書によれば、「チョコレートに耳を近づけ、割って」みると、「品質の高いタブレットでフィリングのないチョコレートは、はっきりとした乾いた音がする」のだそうです。

 次に"嗅ぐ"。「口の中でチョコレートを溶かしながら息をはいて、そのときに香り立つアロマ」を感じましょうと香川さん。このチョコレートに含まれる匂い成分テオブロミンは、「集中力、注意力、記憶力を高めたり、精神をリラックスさせる」効果もあるといわれているのだとか。そのうえで、最後に"味わう"のだといいます。

 チョコレートにまつわる豆知識が満載の本書『チョコレート語辞典』。読み進めていくうち、思わず一粒口に入れたくなるはずです。

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧