もやもやレビュー

英国製ホラー『ドント・ノック・トワイス』は、どんでん返しが2回ある

ドント・ノック・トワイス(字幕版)
『ドント・ノック・トワイス(字幕版)』
ルーシー・ボーイントン,ケイティー・サッコフ,ニック・モラン,カラドッグ・ジェームズ,ニック・オストラー,マーク・ハッカービー,ジョン・ジワ=アムー
商品を購入する
>> Amazon.co.jp

不気味な屋敷、魔女とウワサされた老女、〇〇をすると呪われるという都市伝説......。ホラー映画の定番中の定番であるこの3つがそろった英国製ホラー映画『ドント・ノック・トワイス』。数あるホラー映画と、なにかしら差別化したユニークな設定は果たしてあるのか......? そんな期待をしながら鑑賞したのですが、本作にはどんでん返しがなんと(約)2回ほどありました。

 主人公は、女子学生のクロエ。彼女は幼い頃に母親がドラッグをやっていたことから施設に預けられたのですが、時が経ち、母親ジェスはドラッグを一切絶って一軒家を購入。クロエを取り戻すために、施設の厳しい審査に申請します。一方、一度自分を捨てた母親が姿を現したことで動揺したクロエは、ボーイフレンドのダニーと夜に会うのですが、話の流れで、ある不気味な屋敷へ向かうことに。そこは、魔女と噂されていたメアリーという老女が自殺したという屋敷で、2回ノックすると呪われるという都市伝説もありました。興味本位でノックしてしまったクロエとダニー。しかし、その後ダニーが行方不明となり、クロエも恐ろしい幻覚を見てしまったため、嫌っている母・ジェスの家に見を隠すことに......。

 ノックを2回してしまったことで、不気味な何者かに襲われるクロエ。そんなクロエを母・ジェスは必死に守ろうとします。そうして、ふたりの絆がだんだん強くなっていく様が描かれている一方で、複雑なストーリー展開が視聴者を混乱させます。果たして呪いなんて存在するのか? 老女は魔女だったのか? 老女が自殺した理由は? などなど、前半に出てくるギモンを、後半でテンポよく答え合わせしてくれる見やすい一本。2回のどんでん返しも◎。謎解き系映画が好きな人にはたまらない一本かも。

(文/トキエス)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム