もやもやレビュー

シェイクスピア作の青春『ヒース・レジャーの恋のからさわぎ』

ヒース・レジャーの恋のからさわぎ [DVD]
『ヒース・レジャーの恋のからさわぎ [DVD]』
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HMV&BOOKS

故ヒース・レジャーの代表作と言えば、『ダークナイト』や『ブロークバック・マウンテン』を想像するかと思うのだが、ハリウッドデビュー作の『恋のからさわぎ』は、劇場未公開作品であったため、未見の人が多いのではないだろうか。

下敷きになっているのは、シェイクスピアの戯曲「じゃじゃ馬ならし」。好きな相手がこちらに見向きもしないので、あの手この手で困らせるという物語だが、『恋のからさわぎ』では高校を舞台に、転校生や学校のアイドル、成績優秀女子、オタクなどが登場する、にぎやかな群像劇に仕上がっている。

若干20歳だったヒースをはじめ、もやしっ子転校生役のジョセフ・ゴードン=レヴィットや、ヒロインを演じるジュリア・スタイルズなど、まるで本当のクラスメイトのようにカラフルな人選と演出が素晴らしく、見ているだけで嬉々としてしまう。1999年公開作品なので、ファッションやヘアメイクなど、やや古臭く感じるかもしれないが、それを差し引いても強烈に面白いと思うのは、やはりシェイクスピアの力によるものなのだろう。ラブコメファンでなくとも、ヒースの魅力にとり憑かれること間違いなしなので、ぜひとも薦めたい1本である。

(文/峰典子)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム