もやもやレビュー

タイプじゃない人と向き合ってみるのも大切。『理想の彼氏』

理想の彼氏 特別版 [DVD]
『理想の彼氏 特別版 [DVD]』
ワーナー・ホーム・ビデオ
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> LawsonHMV

 草食系男子が増え続けている日本。そのため女性たちは肉食系にならざるをえないのか(?)近年肉食系女子が急増しているようにも思えます。恋愛に積極的な女性って魅力的ですよね! そんな彼女たちには自分ならではの「理想のタイプ」があるはず。しかし、もしかしたらタイプじゃない人と向き合うことで、より素敵な恋愛ができるのかもしれない。女性の恋愛観を少し変えてくれる映画と出会いました。キャサリン・ゼタ=ジョーンズ主演の『理想の彼氏』です。

 平凡な生活を送る40歳の専業主婦サンディ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)は、なんと夫の浮気を発見! 離婚を決意し、心機一転ニューヨークのアパートへ子どもたちと引っ越します。「旦那に裏切られた......こうなったら自分のやりたいことをとことんやるぞ!」と向上心満載の彼女は、叶わないと思っていた夢であるスポーツ・チャンネルへの就職も決定。そんな彼女が住むことになったアパートの一階はコーヒーショップで、そこで働くフリーターのアラム(ジャスティン・パーサ)と知り合い、ベビーシッターの仕事を依頼するように。

 社会的地位も確立していてハンサムな男性......そんな理想を求めてデートするものの、男関係に懲り懲りするサンディ。そんな彼女が癒される場所、そこはアラムや子ども達がいる空間だったのです。アラムは24歳で親と住んでるし、ハリーポッターが大好き。フランス人の元カノに永住権目当てで近寄られ傷をおったロンリーボーイで、そして温厚で優柔不断。理想のタイプとは正反対のアラムに、徐々に惹かれていくサンディ。そんな彼女を観ていると、こんな恋愛もアリだな〜なんて納得しちゃいます。

 理想のタイプを追い求めすぎて疲れた女性が観れば癒され、現在フリーだという女性がみれば今後の恋愛の参考になる、そんな本作。さまざまな恋愛観を学んでみたい人にもオススメです。また向上心バリバリのサンディからは元気をもらえること間違いなし!

(文/トキエス)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND 映画部!

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム