もやもやレビュー

リミット付き恋愛のトリセツ。『ブルックリンの恋人たち』

ブルックリンの恋人たち スペシャル・プライス [Blu-ray]
『ブルックリンの恋人たち スペシャル・プライス [Blu-ray]』
Happinet(SB)(D)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> LawsonHMV

 アン・ハサウェイが初めてプロデュースを手がけたラブストーリー『ブルックリンの恋人たち』。切ない恋愛を描いた本作は、何かしらリミットのある恋愛をした時に観たいトリセツ的作品なんです。

 モロッコにて人類博士号の取得を目指していたフラニー(アン・ハサウェイ)のもとに突如一本の電話が。それは喧嘩したまま疎遠になっていた弟ヘンリーが交通事故に遭い、意識不明になってしまったというものでした。慌ててニューヨークへ帰国したフラニー。ミュージシャン志望だった弟を猛反対し喧嘩してしまったことを後悔しつつ、弟のバイト先であるギター店、よく通っていたダイナーなどに足を運びながらヘンリーがどのように生活していたのか垣間見ようとします。ある日、フラニーはヘンリーが大好きだったというミュージシャンのジェイムズのライブへ足を運びます。さわやかでどこかミステリアスな彼の楽曲は大人気。神秘的とさえ思えてしまうライブに魅了されたフラニーは、ライブ終了後にジェイムズに声をかけます。次の日、なんとジェイムズはヘンリーの病室に顔を出したのでした。そのことがきっかけでお互いに惹かれあっていきます。

 ジェイムズはツアーでブルックリンに滞在中の身。たった7日間の恋愛ですが、お互いが確実に惹かれあい、そして思いやりがあることが目に見えてわかります。人と人が分かり合うのには時間がかかる。それが一般的な考えですが、本作では「時間は関係なく人は強く繋がれるのではないか?」とあらためて言葉では説明できない人との絆を観られたような気がしました。一目惚れしたことがある人ならわかると思いますが、その心に浮かんだ得体の知れない感情って、なかなか説明できないですよね。本作ではそんな説明のできないような恋愛が繰り広げられているのです。

 期間限定の恋愛=よくない恋愛、という概念がなくなってしまう本作が放っているメッセージは、きっと「恋愛は自由だ」ということ。リミット付きの恋愛をしている人が観れば、勇気づけられること間違いなし。

(文/トキエス)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム