もやもやレビュー

金と名誉がなにより大事と思っている人が見るべき映画『リミットレス』

リミットレス [DVD]
『リミットレス [DVD]』
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> LawsonHMV

 人付き合いが多くなったり、ブランドに興味が出たり、良い所に住みたい!って思ったり......20代や30代って飛ぶようにお金が消えてしまう。そんな時期、「なによりも金がほしい! そしておまけに有名になってちやほやされたい!」と願う人も少なくないのでは。そんな人に是非一度見て欲しい作品がある。『ハングオーバー!』シリーズのブラッドリー・クーパー主演のサスペンスムービーだ。

 主人公は、アイデアがまったく浮かばなくなってしまったスランプ状態の作家、エディ(ブラッドリー・クーパー)。恋人も去ってしまい、「もう人生どうでもいいわ」状態に陥った彼は、偶然元妻の弟に出会い、脳が100%活性化する「NZT48」という新薬を手に入れる。どん底のエディに失うものはなにもなく、薬を試すことに。すると、薬を服用したその日の晩に傑作小説を書き上げてしまう。その後もランニングしながら語学を習得したり、ピアノを習得したりと無敵状態になった彼は、とうとうビジネス界へ進出し、株取引や投資で大成功を収める。しかし、この薬には記憶が飛ぶという恐ろしい副作用があったのだ。

 脳が活性化され、お金もがっぽがっぽ稼ぎ、みんなの人気者になる。前半は、薬のおかげで瞬く間に成功を収めるエディがうらやましくて仕方なくなる。だが、彼は成功を収めると同時に「周りに期待される」という大きなプレッシャーも背負うことになるのだ。薬を服用していなければただの作家。そんな前の自分に戻ることが怖くなっていくエディを見ていると「成功を収める」というのは一見素敵なことだが、その一方で自分が自分じゃなくなるような恐怖感もあるということを実感する。

 脳を100%活性化できる危険な薬。もし本当にあれば、私は迷わず使ってしまいそう......しかし本作のエンディングを見れば、本当にお金や名誉が人生に大事なのかどうかを落ち着いて考えることができる。

(文/トキエス)
 

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND 映画部!

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム