連載
二階堂武尊のB★CINEMA ブッダものけぞる映画笑論

第20回 煩悩まみれの女がすべてを捨てて手にしたものは?〜『お買いもの中毒な私!』

お買いもの中毒な私! [DVD]
『お買いもの中毒な私! [DVD]』
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> LawsonHMV

「買い物をすると世界は明るくなる」と主人公・レベッカは言いました。

 おっしゃると通りですね。私も買い物は大好きですよ。ショーウインドウを見て、輝くばかりの品々を見ると、恍惚として、思わずクレジットカードを店員に差し出していますね。買い物をすると、元気になるし、なにより自分に自信がつきます。

 だけど、レベッカはこうも漏らしています。「でも、その興奮もいつか消えて、また新しい品物をほしくなる・・・」

 レベッカは最新ファッションを取り入れるため、多重債務者となるわけですが、どうしてもそれが止まりません。それもよくわかります。私もかつてカード依存症で、とある人々に迷惑をかけて、その人々の前で持っていたカードに全部ハサミを入れた経験があります。

 買い物依存症がたたって、恋人も親友もすべて一度は失ってしまうレベッカ。
 負債をごまかすため、まわりの優しい人々に嘘をつき、裏切り、信用をすべて失ってしまうレベッカ。しかし、嘘で固めた人生がそうそう長く続くものではありません。

 買い物依存症の彼女が、自分を救えたのは、持ち前の明るさとやり直したいという、生きることに、積極的な姿勢でした。
 彼女は有名ファション雑誌のコラムニストとしてのオファーも断り、自分の服をすべて売り払い、身一つの手ぶらな人生を歩み直そうとします。
 そんな彼女のために、彼女を見捨てなかった経済雑誌の編集長が、こっそり彼女がいちばん大事にしていた、グリーンのスカーフを買い戻してプレゼントしてくれます。彼女はそれをきっかけに、人生をやり直していきます。

 煩悩の中でも、物欲というのはそうとうしぶといヤツで、のどの渇きのように、自分の中でその存在を強めていくものです。彼女はすべてを失ったことで、煩悩の鎖を断ち切りました。そして、いままで、手に入れてこなかったもっとすばらしいものを手に入れました。レベッカ曰く、「カードの代わりに愛を得た」のです。

 欲望まみれの人は端から見ても、醜いです。執着の強い人は暑苦しく、あんまりお友だちにはなりたくないものです。何にも持たなくて、さっぱりした人には自然と人が集まります。寂しいから金を使うという悪循環を断ち切り、きれいさっぱりストイックに暮らしてみませんか。そうすると、お金や愛は自然と流れ込んでくるものかもしれませんよ。

 人間、手ぶらで、バカがいい。

« 前の記事「二階堂武尊のB★CINEMA ブッダものけぞる映画笑論」記事一覧次の記事 »

二階堂武尊(にかいどう・たける)

1964年生まれ。大手出版社勤務の後、独立。近著に『29歳からはじめる ロックンロール般若心経』(フォレスト出版)、『ぎゅーたん!「十牛図」で学ぶプチ悟りの旅』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)がある。リストラ、転職や借金、それらにともなうメンタルな病理などに、長いサラリーマン体験を生かしたユニークな対処法を提案。高校生から中高年まで幅広いファンの支持を得る。一見、ふざけているのかと思われる作品群の奥に、仏教的な癒しや悟りの感覚を漂わす。ブルースとジャズを愛する陽気なオッサン。無類の犬好きでもある。
ホームページ bonno4u.com
Twitter bonno2u

BOOKSTAND 映画部!

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム