自称「まじめな男」が女性からモテない理由とは?

ラブホの上野さんの恋愛相談 2
『ラブホの上野さんの恋愛相談 2』
上野
KADOKAWA
1,296円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> LawsonHMV

 Twitterでフォロワー数20万人以上を誇るラブホスタッフ上野さん。独特な深みのある回答が恋愛に悩む多くの人々に人気を博しています。

 恋愛コラムを数多く手掛ける傍ら、2015年からは『月刊コミックフラッパー』にて恋愛指南漫画『ラブホの上野さん』の原案を担当、最近では今年1月には本郷奏多さん主演でドラマ化(フジテレビ系)されるなど話題になりました。

 本書『ラブホの上野さんの恋愛相談2』でも、恋に悩める男女を応援しています。その中には、男性が恋愛において考えてしまいがちな点にも触れています。相談者の悩みはこちら。

 「私のようにまじめな男性が女性にモテなくて、軽薄で中身のない男ばかりがモテることに憤りを覚えます。私は大学生ですが、しっかりと講義にも出て勉強していますし、酒も飲まないし、タバコも喫いません。それなのにどうしてモテないのでしょうか? 私のまわりが男を見る目のない女ばっかりです。」(本書より)

 いわゆる"ちょっと悪い男やチャラい男がモテる"けれど、まじめな男性はモテないというジレンマ。上野さんはこれに対してこう切り込みます。

 「今回のご質問者さまのような『まじめな方』がモテない最大の理由はもしかしたら自分は『まじめな男』ではないのではないか? と疑問に思わないことではないでしょうか? そんな無責任で頑固で批判的な性格こそが、ご質問者さまが女性に好かれない最大の理由なのだと思います」(本書より)

 本書によると、チャラい男ばかりモテることに不公平を感じ愚痴を語っているだけで、なぜ「俺のどんな部分が悪いせいで、あの女性に好意を持たれないんだろう?」「あの一見チャラい男は、俺が気づいていないだけで、すごくまじめな一面があるのかもしれない。それをマネしてみよう」と考えないのか疑問を呈しています。つまり、「自分の理屈が正しい」という批判的で頑固な思考では、残念ながらモテないというのです。

 では、そうした「自分のことをまじめだ」と疑わない、いわば「まじめではない人間」と本当に「まじめな人間」の違いとは何なのでしょう。

 上野さんは「まじめを心のよりどころにしているかどうか」であるとしたうえで、前者が「まじめであることが目的になっている」、後者は「夢や希望のために手段としてまじめになっている」と区別。そして、こう結論づけます。

 「『まじめをよりどころ』にする方というのは、『自分はまじめである』ということにしか自信が持てない方が非常に多いのです。<中略>そして、もしその『まじめ』が何かの目的を達成するための手段ではなく、『まじめに思われたい』というものになってしまっていたら、そのまじめは捨ててしまった方がよいのではないかと私は思います。」(本書より)

 女性に見る目がないと不満を持つ気持ちも十分理解できます。とはいえ、「自分はまじめなのになぜ?」と責任を相手に転化するばかりではなく、時に自分を見つめ直す真摯な姿勢こそがモテる要素に大きく関わってくるといえそうです。

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:ダンカン
    ダンカンの『人生は落書き・・・さ』
    たけし軍団のダンカンさんしか語れないエピソードからご自身の身辺日記まで、徒然なるままお届けさせていただきます!
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧