かじきや鶏むね肉のパサつきを防止するには

かじきのタンドリー風。つくり方はテキストに掲載しています。撮影:野口健志
低脂肪でたんぱく質を多く含むかじきや鶏むね肉はヘルシー食材。でも、味が淡泊で、パサパサになりやすいのが悩みの種です。おいしく、ジューシーに料理するための下ごしらえ方法を、高木ハツ江さんに教えてもらいました。(料理監修:河野雅子)

* * *

かじきや鶏むね肉は、脂肪が少ない分、パサパサしたり、もの足りない味になったりしがちです。おいしく、ジューシーに調理するコツは、加熱する前のひと手間にあります。
一つは、ヨーグルトにつけること。乳酸菌の働きで肉や魚が柔らかくジューシーに仕上がります。


もう一つは、小麦粉をまぶすこと。表面に膜ができて水分が出るのを防ぎます。


ただし、加熱しすぎると堅くなったり、パサつくので注意しましょう。また、仕上げにたれをからめたり、ソースやあんをかけたりして表面をコーティングするのもおいしく味わう秘けつです。
■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2018年6月号より

NHKテキストVIEW

NHKきょうの料理ビギナーズ 2018年 06 月号 [雑誌]
『NHKきょうの料理ビギナーズ 2018年 06 月号 [雑誌]』
NHK出版
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HMV&BOOKS

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

BOOKSTAND 映画部!