連載
続・鴇田崇の映画でいっぱいいっぱい!

おもちゃの世界もホリデー一色!フロリダ、トイ・ストーリーランドのクリスマス:海外ディズニー特集

フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド「トイ・ストーリーランド」

新アトラクションが稼働する「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」でにわかに注目を集める、フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド。そのSWエリアに隣接する2018年6月30日にオープンした「トイ・ストーリーランド」が現在クリスマスの雰囲気でいっぱいとなっています!

DSC02606.jpg

DSC02841.JPG

まずは、人気のキャラクターたち。ウッディ、バズ、ジェシーたちがクリスマスの衣装を身に着け、おもちゃの世界に遊びに来たゲストを歓迎中です。ボー・ピープも『トイ・ストーリー4』バージョンで「トイ・ストーリーランド」に遊びに着ていて、なんとも言えない感覚になりますよね!

DSC02766.JPG

よく訓練された兵士たち、グリーンアーミーメンもクリスマスのコスチューム! 日に数回「トイ・ストーリーランド」の奥まで移動して、映画そのままの掛け合いで、ミニショーを生披露。ゲストに大人気でした。

DSC02879.JPG

DSC02893.JPG

エリア内デコレーションも、ホリデーシーズン限定バージョンに。このデザインのままサイズを縮小して、クリスマスツリーのオーナメントとしてグッズ販売もしていました。背景にして、写真を撮るゲストもたくさん!

DSC03009.JPG

レストランの一部もクリスマス仕様に! さすがのホリデーシーズン、SWエリアももちろん人気がありますが、大勢のゲストが「トイ・ストーリーランド」に集まり、根強い人気を感じます。ピクサー、強いです!

DSC02982.JPG

この「トイ・ストーリーランド」のすぐ隣に「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」があり、その世界観のギャップが面白いですが、実は両方とも2018年、2019年と拡張して建設した新しいエリアだから、なんです。パークは永遠に完成しないと言いますが、次はどんな夢を見させてくれるのでしょうか。広大なWDWには、夢も壮大に広がりそうですね!

As to Disney artwork, logos and properties: (C) Disney


(写真・文/鴇田崇)

※すべての情報は変更の可能性があります。紹介したサービス、エンターテインメントの実施を保証するものではありません。予め了承ください。

« 前の記事「続・鴇田崇の映画でいっぱいいっぱい!」記事一覧次の記事 »

鴇田崇(ときた・たかし)

1974年生。国内最大級のアクセスを誇る総合映画情報サイト「映画生活(現:ぴあ映画生活)」の初代編集長を経て、現在はフリー。年間延べ250人ほどの来日ゲスト、俳優、監督への取材を行い、雑談のような語り口で相手のホンネを引き出すスタイルは、一部の関係者に定評がある。史上もっともアガッたインタビューは、あのM・ナイト・シャマラン監督に「キミの体からは気が出ている!」とホメられたこと。主な出演作として故・水野晴郎氏がライフワークとしていた反戦娯楽作『シベリア超特急5』(05)(本人役、“大滝功”名義でクレジット)、『トランスフォーマー/リベンジ』(09)(特典映像「ベイさんとの1日」)などがある。

BOOKSTAND 映画部!

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム