連載
続・鴇田崇の映画でいっぱいいっぱい!

いよいよフィナーレ!35周年のパーク納め、そして史上最大の大規模開発へ:東京ディズニーリゾート特集

2018年4月15日(日)、雨の中開幕した「東京ディズニーリゾート35周年"Happiest Celebration!"」が、いよいよ3月25日(月)でフィナーレを迎え、約1年間に渡って開催した祝祭も閉幕に。そこで残り約1か月、35周年の東京ディズニーランドを駆け込みで体験してみてはいかがでしょうか。

IMG_2273.JPG

未体験の方に体験してほしいエンターテイメントは、二種類。まずは、35周年を象徴するようにスタートした昼のパレード、「ドリーミング・アップ!」がおすすめ。ミッキーマウスやディズニーの仲間たちが、ディズニーのイマジネーションの世界に誘うパレードで、東京オリジナルです。

IMG_2426.JPG

この「ドリーミング・アップ!」、2019年3月25日(月)のイベント最終日までは、スペシャルバージョンで公演中。ルートの途中1か所でパレードが停止して、ディズニーの仲間たちと35周年のテーマソングにのせて、手拍子をしたり踊ったりの参加型に。フィナーレを全員で盛り上げます。

IMG_2714.JPG

そしてもうひとつ、ナイト・スペクタキュラーの「Celebrate! Tokyo Disneyland」。その名の通りTDLの35周年をお祝いする夜のエンターテイメントで、魔法にかかったシンデレラ城を舞台に、夢と魔法の王国をめぐる楽しい音楽の旅を壮大なスケールで贈る夜のエンターテイメントです。

IMG_2765.JPG

実はシンデレラ城に、オーケストラの指揮者となったミッキーマウスが登場すると、ショーがスタートします。ミッキーが指揮棒をふると、音楽に導かれるように魔法の世界に引き込まれ、東京ディズニーランドを巡る旅が。35年間ありがとうという感謝の気持ちもこみ上げる秀逸な内容です。

開発エリア(東京ディズニーランド).jpg

この豪華な祝祭もいよいよ3月25日(月)でフィナーレですが、実は<37周年>にあたる2020年には、ご存知のように総投資額約750億円、パーク史上最大規模の開発が完成する予定です。近い将来実現する新たな夢と魔法を楽しみに待ちながら、まもなく終わるTDR35周年を満喫してみては?

(一部写真提供/株式会社オリエンタルランド・文/鴇田崇)

※すべての情報は変更の可能性があります。紹介したサービス、エンターテインメントの実施を保証するものではありません。予め了承ください。

« 前の記事「続・鴇田崇の映画でいっぱいいっぱい!」記事一覧次の記事 »

鴇田崇(ときた・たかし)

1974年生。国内最大級のアクセスを誇る総合映画情報サイト「映画生活(現:ぴあ映画生活)」の初代編集長を経て、現在はフリー。年間延べ250人ほどの来日ゲスト、俳優、監督への取材を行い、雑談のような語り口で相手のホンネを引き出すスタイルは、一部の関係者に定評がある。史上もっともアガッたインタビューは、あのM・ナイト・シャマラン監督に「キミの体からは気が出ている!」とホメられたこと。主な出演作として故・水野晴郎氏がライフワークとしていた反戦娯楽作『シベリア超特急5』(05)(本人役、“大滝功”名義でクレジット)、『トランスフォーマー/リベンジ』(09)(特典映像「ベイさんとの1日」)などがある。

BOOKSTAND 映画部!

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム