連載
杉山すぴ豊の、アメキャラ映画パラダイス

第75回 "アベンジャーズ・ロス"なみなさんへ

アベンジャーズ/エンドゲーム MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
『アベンジャーズ/エンドゲーム MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]』
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HMV&BOOKS

今年もアメリカ西海岸で開催されたサンディエゴ・コミコン(SDCC)に参加してきました。

コミコン=コミック・コンベンションの略で元々はアメコミ(アメリカン・コミック)のファン・イベントでしたが、最近ではアメコミ原作の映画・ドラマ・アニメ・ゲーム・グッズが大人気なのと、アメコミに近いSFやホラー、ファンタジー等の周辺文化をまきこんで、オタク(ギーク)系文化の祭典として成長しました。

中でもホールHとよばれる7000人ぐらいの大会場を使ってのパネル(プレゼンテーション)は有名で、毎年ここにビッグ・スターが来て大発表が行われます。
かくいう僕も徹夜して並んでホールHにもぐりこんだのは、今年はシュワちゃんがターミネーターの新作『ターミネーター:ニューフェイト』の映像をひっさげて登場。さらにトム・クルーズが『トップガン』の続編の予告をここで初お披露目(『トップガン』の舞台はサンディエゴ)と目の前に現れました。

しかし、今年の目玉はなんといってもマーベル・スタジオのパネル!
『アベンジャーズ/エンドゲーム』で現メンバーによるアベンジャーズ映画が一応完結した後だけに、これからのマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)がどうなるか? その発表がおこなわれたのです。

これについてはすでに多くのメディアがもうレポートしているので割愛しますが、アンジェリーナ・ジョリー(MCUの宇宙神話「エターナルズ」に出演)、ナタリー・ポートマン(マイティ・ソー映画第四弾でなんと女性版ソーを演じる!)、スカーレット・ヨハンソン(アベンジャーズのメンバーで彼女の当たり役であるブラック・ウィドウのソロ映画が来年公開)らが集合したステージは豪華そのものでした。

今回興味深かったのはこれからのMCUは映画だけではなく、もうすぐローンチするディズニー(マーベルの親会社です)の新配信サービス<ディズニー・プラス>でリリースされるドラマ・シリーズも含まれる、ということ。そういえば今年のSDCCで最も目立っていた広告はAmazonプライム・ビデオのスーパーヒーロー・ドラマ「ザ・ボーイズ」でした。配信ドラマの勢いが強いことを印象づけます。

さて今年MCUのパネルにファンが熱狂したのは、やはりアベンジャーズ・ロス、つまり『アベンジャーズ/エンドゲーム』で"アベンジャーズが終わってしまった"だけに、そのさびしさをなんとか埋めてほしいという気持ちからでしょう。

今年のSDCCにはもう一つアベンジャーズ・ロスを埋めるアイテムの展示と発表がありました。来年5月、スクウェアエニックスさんから発売されるゲーム「アベンジャーズ」(Marvel's Avengers)です。

昨年はスパイダーマンのゲームが大ヒットしてヒーロー・ゲームが注目されているし、あのスクエニが作るアベンジャーズということで注目されている一本。
コミックでも映画でも、アベンジャーズはNY=東海岸を起点に活躍していますが、このゲームではそのアベンジャーズが西海岸=サンフランシスコに行ったときに事件が起こるという設定です。とにかくアベンジャーズの各キャラにあわせたアクションを楽しめるのが嬉しい。人が楽しんでいるゲーム画面を見ているだけでも楽しいです。

興味深かったのは、このゲームのデモ映像で、ブラック・ウィドウがタスクマスターと呼ばれる人気ヴィラン(悪役)と戦っていることがわかりました。実はホールHで初上映された、映画『ブラック・ウィドウ』の映像でも彼女の前にタスクマスターが立ち上がります。

8DEFC462-19CF-430A-B0CF-A195B5C7CF69.jpg

注目キャラ・タスクマスターに扮したコスプレーヤー。サンディエゴ・コミコンにて(筆者撮影)

つまりマーベルとしては、このタスクマスターというキャラを推しているのでしょう。タスクマスターは"写真的反射"という才能をもっており、一度見た相手の動きやしぐさをまねできるのです。従ってヒーローたちの戦闘スタイルをすべてコピー出来るので手ごわい。(コミックではYouTube等にあがっているノウハウ動画をみてなんでもこなせてしまう、というシーンもありました)

映画『ブラック・ウィドウ』とこのスクウェア・エニックス版「アベンジャーズ」ゲームは、ともに来年5月ごろリリース。ちょうど『アベンジャーズ/エンドゲーム』公開から1年ですね。アベンジャーズ・ロスはまず映画とゲームで活躍するブラック・ウィドウとタスクマスターが埋めてくれそうです。
直近のアベンジャーズ・ロスには、9月4日リリースされるブルーレイ&DVDの『アベンジャーズ/エンドゲーム』をどうぞ!

(文/杉山すぴ豊)

« 前の記事「杉山すぴ豊の、アメキャラ映画パラダイス」記事一覧次の記事 »

杉山すぴ豊

アメキャラ系ライターの肩書きで、アメコミ・ヒーロー映画やSF、モンスター映画についての伝道活動を、雑誌、TV、WEB等で展開。 映画「アメイジング・スパイダーマン」「アベンジャーズ」の劇場パンフレットにも寄稿しています。映画「サラリーマンNEO劇場版(笑)」にCMクリエーター役でなぜか出演。 AOL等でもコラム展開中。
また人気と評判の(笑)ブログはこちら http://supi.wablog.com/

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム