もやもやレビュー

あの名作の謎が明らかに!『ブレア・ウィッチ』

ブレア・ウィッチ(字幕版)
『ブレア・ウィッチ(字幕版)』
ジェームズ・アレン・マキューン,ヴァロリー・カリー,ウェス・ロビンソン,カリー・ヘルナンデス,ブランドン・スコット,コルビン・リード,アダム・ヴィンガード,サイモン・バレット
商品を購入する
>> Amazon.co.jp

 今や、ホラー映画の定番となった登場人物目線で撮影されるPOV(Point of View)作品。『パラノーマル・アクティビティ』や『グレイヴ・エンカウンターズ』、『REC』シリーズなど大人気ですよね。そんなPOVの先駆けとなった1999年の『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』は、低予算ながらも世界的に大ヒットし、今現在も愛され続けています。しかし、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』には多くの謎があり、「ちょっとよくわかんなかったなあ......」なんて人も少なくないはず。そんなアナタにおすすめなのが、前作から15年後を舞台にした2016年の映画『ブレア・ウィッチ』です。

 舞台はアメリカのメリーランド州、ブラック・ヒルズ。森でドキュメンタリー撮影を決行したグループが失踪。それから20年の月日が経ち、グループの一員だった姉を持つジェームズは、YouTubeにアップされた動画に姉らしき人物を発見します。映像に詳しい友人のリサをはじめとする仲間とともに、姉の消息を確かめるため森への捜索を決行。YouTubeビデオの投稿者で、ブレア・ウィッチの伝説をよく知るレインに案内され、森へと入っていきますが......。

 20年前とは違い、ドローンやGPSを駆使し、森の中で迷わないように完璧に準備をする一行。しかし、ブラック・ヒルズの森に、テクノロジーは通用しません。また、ヘッドセットのカメラやドローンの映像も含まれているため、前作よりもリアルさが増しています。そのほか、ブレア・ウィッチ伝説や、前作のラストシーンの謎などにも触れている本作。前作の謎が(全てではないですが)解けたような気がしました。本作を見てから、もう一度前作を見ると、より『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』を好きになるかも。

(文/トキエス)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND 映画部!

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム