鉢植えでもできる! ブドウ栽培

ピノ・ムニエ 撮影:田中雅也
家庭で栽培するのは難しそうなイメージがあるブドウですが、じつはブドウ園のように棚を設ける必要はなく、鉢植えでも十分に収穫できます。自分で育てた果実の味わいは、やっぱり特別。収穫の日を楽しみに、挑戦してみませんか? 果樹研究家の大森直樹(おおもり・なおき)さんに、栽培のポイントを伺いました。

* * *

ブドウは気候や土質への高い適応力があり、家庭で育てやすい果樹。ブドウ園のように水平に枝を伸ばす棚仕立てを想像しがちですが、仕立て方はほかにもいくつかあり、栽培スペースに応じて選ぶことができます。庭で育てるなら、おすすめは垂直に仕立てる垣根仕立て。海外でよく見られる仕立て方で、自宅の一角にヨーロッパのヴィンヤード(ワイン用ブドウ畑)のような風景がつくれます。鉢植えなら、3段のトレリス仕立てを。小さなスペースにぎゅっとブドウがなる様子も愛らしいものです。
上手に育てるポイントは、高温多湿の日本の気候に合った品種を選ぶこと。日本生まれのものがやはり安心です。ワイン原料としても生食でもおいしい‘マスカット・ベーリーA’、甘みが強い‘甲斐美嶺’、香りが華やかな‘竜宝’など、味や姿の好みで選びましょう。
昨今、青果店の店頭に並ぶブドウは、大粒で甘く、タネのないタイプが多くなっています。もちろんそれも魅力的ですが、多少小粒でも、酸味やタネがあっても、自分で育てればおいしさひときわ。品種ごとの個性を、果実で、ジュースで、丸ごと味わいましょう。

■農家が行う「根域制限」のメリット

果樹は根が張るほどに地上部もしっかり育ち、より多くの収穫量が望めます。にもかかわらず、農家が「根域制限」を行うのはなぜでしょう?
根には栄養分を吸収するだけでなく、樹体を支える役割もあります。しかしブドウのようなつる性の植物は、ほかの植物や支柱に支えられている場合、自ら体を支える必要がないので、大きな根域は必要ありません。適切に根域制限をすることで、根が張らない分余計な副梢の発生が抑えられ、樹勢がコントロールしやすくなります。また、水分ストレスで果実が甘くなる効果もあります。プロならではの、効率的な栽培法といえるでしょう。
■『NHK趣味の園芸』2017年11月号より

NHKテキストVIEW

NHK趣味の園芸 2017年11月号 [雑誌] (NHKテキスト)
『NHK趣味の園芸 2017年11月号 [雑誌] (NHKテキスト)』
NHK出版
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> LawsonHMV

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧