人気女性コラムニストが書き下ろした「産まない」という選択

産まないことは「逃げ」ですか?
『産まないことは「逃げ」ですか?』
吉田 潮
ベストセラーズ
1,296円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> LawsonHMV

 アラサー&アラフォー女性だれしもがぶつかるといってもよい「妊娠・出産」の問題。子どもを産むか産まないかの選択は、女性ならではの経験といえるでしょう。また、「子どもが欲しい」と思って妊活に励んでも、簡単にできないこともありえます。

 本書『産まないことは「逃げ」ですか?』は、人気女性コラムニストの吉田潮さんが自らの体験を通じて気づいた出産にまつわるさまざまを書き下ろした一冊。産みたい人も、産みたくない人も、産んだ人も、いまも女性が背負う問題はこれほど大きいのかということに、きっと気づかされることと思います。

 たとえば、まだまだ今でも根深い、子どもがいない人に対する偏見。「子供がいない人にはわからないよ」「子供を産んで育てて一人前」といった「母親マウンティング」に辟易したことがある人も多いのではないでしょうか。しかも相手には悪意があるわけではなく、ナチュラルにそう信じているからよけいに厄介だったりも......。

 けれど「そこに引け目を感じることはないと思っている」と吉田さん。「子供のいない人が、自分を卑下しなくていい世の中になりますよう。家族構成や属性で優劣をつけない世の中になりますよう。まずは自分の中の引け目をなくすことだ」と言います。

 では、「引け目をなくす」ためにはどうすればよいのか。これは、吉田さんが本書で訴えている「自分が主語の人生を生きる」ということと深く結びついているのではないでしょうか。

 吉田さんは34歳で当時付き合っていた男性の子どもが欲しくなり、39歳で不妊治療をスタート、一度は妊娠したものの流産。そして、ホルモンやテンションの乱高下に心身ともに疲れ果て、40歳で不妊治療をやめることになります。こうした経験を経て吉田さんは、「子供が欲しいと思ったが、できなかった。しかし、突き詰めて考えてみると、本当に子供が欲しいわけではなかった」ことに思い当たります。

 そうして最終的に得た気づきが、「自分が主語の人生をいかに楽しむか」ということ。「親でもなく、夫でもなく、世間でもなく、私は私。主語が自分だと、こんなにラクなのかと思うし、そこに気づくと3倍くらい楽しいです」と書いています。そして、産んだ人と産んでいない人を比べるのをやめること。人生の選択肢は自分で決めること。自分を卑下したり人のせいにしたりせず、今を楽しむこと。それが重要だと続けています。

 不妊治療のすえに子どもを授かったという感動的なストーリーの本に比べ、「産まない人生を選択した」人の本はどうやら数が少ないよう。だからこそ、こうした内容を自身の経験を踏まえて赤裸々に掘り下げた本は参考になるものです。女性であること、子どもを持つということ、自分の人生を生きるということ......いま一度、本書を通して皆さんも考えてみてはいかがでしょうか。

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧