イグノーベル賞受賞の著者による抱腹絶倒のサイエンス・ドキュメント

人間をお休みしてヤギになってみた結果 (新潮文庫)
『人間をお休みしてヤギになってみた結果 (新潮文庫)』
トーマス トウェイツ
新潮社
1,015円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> LawsonHMV

 皆さんはイグノーベル賞ってご存じでしょうか? ノーベル賞のパロディとして1991年に創設された「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられる賞のこと。

 このイグノーベル賞生物学賞を2016年に受賞したのが、今回ご紹介する本の著者トーマス・トウェイツさんです。授賞理由は「両手足に装着してヤギそっくりに歩くことのできる装具を製作して、ヤギの群れに交じって野山を放浪して過ごしたことに対して」というもの。この実験の数々を書き起こした抱腹絶倒のサイエンス・ドキュメントが本書『人間をお休みしてヤギになってみた結果』です。

 それにしても、なぜ人間を休んでヤギになる必要が......? まずそこからして私たち常人には理解しがたいところですが、事情を聞くと少なからず共感できるところもあるかもしれません。

 トーマスさんはイギリス・ロンドンに住むデザイナー。過去に大学院の卒業制作をまとめた著書『ゼロからトースターを作ってみた結果』が各国メディアで大きな話題となったものの、33歳になった今はたいした仕事もなく彼女に怒られるダメダメな日々を送っている。......ってどこの国でも、いつの時代でも、パッとしない自分に葛藤する若者っているものなんですね。

 けれど、ここで普通とは異なる考え方を見せるのがトーマスさんのトーマスさんたる所以。「こういう人間特有の悩みっていうのを、数週間だけ消しちゃうって楽しそうじゃない?」「人間をお休みしちゃうってどうだろう?」「少しの間、動物になれたら、すごくない?」。こうしてトーマスさんは人間をお休みしてヤギになってみようと思い立ったワケです。

 しかし、「ヤギになる」っていったいどうやって? まず彼がおこなったのは、きちんとした科学的根拠からヤギの思考・行動にアプローチすること。イギリスで最も優秀なヤギ行動学の博士として知られるアラン・マックエリゴット博士に話を聞きに行ったり、その結果、ロンドン大学ユニバーシティカレッジでTMS(経頭蓋磁気刺激)という脳へ刺激を与える実験を自分に与えてみたり。こうして着々とヤギへの知識を深めた結果、ヤギを解剖し草から栄養をとる装置を作り上げ、ヤギ同様の四足歩行できる装置の開発へと進んでいきます。

 そうして、獣医科専門大学のロイヤル・ヴェテリナリー・カレッジのジョン・ハッチンソン教授や義肢装具士で動物学者でもあるサルフォード大学のグリーン・ヒース医師の協力のもと、ついに四足歩行できる脚の装置を完成させたトーマスさん。最終的に彼はヤギのごとくギャロップ歩行でスイスのアルプスを越えるというミッションに挑むことになります。

 彼の挑戦は見事クリアできたのか。人間をお休みしてヤギになってみた結果、彼が見つけたものとは......? ときに呆れ、ときに爆笑してしまうトーマスさんの実験ドキュメント。その結末はぜひ皆さん、本書を読んで確かめてみてください。

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧