トトロはなぜ前でも後ろでもなく「となり」なの?

ジブリアニメで哲学する 世界の見方が変わるヒント (PHP文庫)
『ジブリアニメで哲学する 世界の見方が変わるヒント (PHP文庫)』
小川 仁志
PHP研究所
691円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> LawsonHMV

 いまや日本だけでなく世界中に多くのファンを持つ宮﨑駿監督のジブリアニメ作品。子どもが観て純粋に楽しめるのはもちろんのこと、考え方、受け止め方次第でさまざまな解釈が生まれるところも大人にとっては大きな魅力ではないでしょうか。

 小川仁志著による本書『ジブリアニメで哲学する 世界の見方が変わるヒント』は、そうしたジブリ作品を観たあとに残る「あれは何を意味していたの?」というモヤモヤを解くためのヒントを教えてくれる本。"哲学"と聞くとなんだかとても難しそうなイメージですが、この本はむしろ、誰もがわかる簡単な文章でわかりやすく書かれているのが特徴です。

 本書で取り上げられているジブリアニメは『風の谷のナウシカ』や『となりのトトロ』『千と千尋の神隠し』『風立ちぬ』など10作品。それぞれの作品に出てくる「風」「森」「城」「海」といった主要なモチーフについて、哲学的な要素を用いた観点からアプローチし、作品が持つメッセージや私たちが生きる現実世界の本質に迫ります。

 たとえば『となりのトトロ』の章を見てみると、「なぜトトロは、『前』でも『後ろ』でもなく『となり』にいたのか?」なんて問いかけが出てきます。皆さんならこの質問になんて答えますか? 「そんなこと言われても!」となりそうですが、そこをあえて考えてみましょう。

 筆者の小川仁志さんは本書の中で、この「となり」が持つ意味について、「考えてみると、となりというのはとても不思議な存在です。それはまったくの他者でもなく、自分とかかわりのある他の存在なのです。もちろんもともとは赤の他人ですが、となりという場所に居合わせただけで、特別な存在になります」「となり性は、あたかも気配のごとく私たちの周りに常にあって、可能性を与えてくれるのです。何も起こらないかもしれないけれど、何かが起こるかもしれない」と説明しています。これってまさにトトロそのもの! 『となりのトトロ』の「となり」とは、サツキやメイに対してのトトロという存在自体を意味しているのかもしれません。

 もちろんこれはひとつの考え方。正解・不正解はなく、人によってさまざまな解釈ができることでしょう。だから、本書では質問に対する回答部分に「ある一つの答え」と書かれています。これらはすべて著者の小川さんによるひとつの考え方でしかないからです。

 だから本書を読んで、「私はそうは思わない」「自分ならこう解釈する」という人もたくさんいるはず。でもそれでいい。この「正解がない問題をあえて考えてみる」ということがとても楽しく、本書でいうところの「哲学する」ということなのではないでしょうか。皆さんも本書をテキストに、ジブリ作品が持つメッセージについて「考える」ことの面白さを感じとってみてください。

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:ダンカン
    ダンカンの『人生は落書き・・・さ』
    たけし軍団のダンカンさんしか語れないエピソードからご自身の身辺日記まで、徒然なるままお届けさせていただきます!
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧