死んだら近所の島に行く? 古今東西、死のとらえ方が興味深い

死にカタログ
『死にカタログ』
寄藤 文平
大和書房
1,620円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> LawsonHMV

 人間は死んだらどうなるのか。そんな素朴でありながら、永遠に答えの出ない究極の問い。ふと脳裏を去来する瞬間は誰しもあるのではないでしょうか。

 死についてのさまざまなデータを客観的に並べてみることにより、死について考えてみようと本書『死にカタログ』にて試みているのは寄藤文平さん。

 寄藤さんによれば、国や宗教などによっても、死後の世界のとらえ方は異なるようで...たとえば、古代日本・五行思想では、死んだ人は黄泉(よみ)という地底世界に行くことになっていたそう。島根県にある黄泉比良坂(よもつひらさか)という坂道で、黄泉と現世は繋がっていたのだといいます。

 北海道の先住民族であるアイヌ民族では、亡くなると現世と時間が逆さまな下界に。現世が昼なら下界は夜、現世が夏なら下界は冬、といったように考えられていたため、「夏に死んだ人は冬支度、冬に死んだ人は夏支度」(本書より)で埋葬されたのだそうです。

 「近所にある実在の島に行く」という、ほのぼのとした死のとらえ方が見受けられるのは、パプアニューギニア・トロブリアンド諸島、キリウィナ島の民族。本書によれば、近所の島に行き、「年老いると海で脱皮。胎児に戻ってヤシの葉に包まれて運ばれたあと、もとの島で新しい命として生まれる」と考えられていたのだといいます。

 死ぬと動物になる、と考えていた民族も多い模様。フィリピン・スーロッド族では、「遺族たちが死の儀式に失敗したとき、死者が罰としてコオロギ」にされたり、アイルランド民間信仰では、「肉体から魂が離れると、魂はチョウ」に、フランス・ブルターニュ民間信仰では、「魂が、ハエのような身近な生きもの」に、スラブ民間信仰では、「魂は、鳥になって天国にのぼっていく」(すべて本書より)と信じた地域もあったのだそう。

 また、本書では現代的なところも教えてくれていて、「遺体をフリーズドライで粉末状にし、堆肥にするエコな埋葬」がスウェーデンで考えられていたり、スイスには「遺灰を炭素化して、人工ダイヤモンドにする」会社も。さらにアメリカでは、「蘇生が可能になるかもしれない未来まで、肉体の時を止める冷凍保存」がなされるなど、古今東西、さまざまな死の受け入れ方があることがわかります。

 これらを通し、「ときには戒め、ときには励まし、ときには道具として、生きている人がやる気の出る死のカタチ。そういうカタチを探すうちに、現在の死のカタチができあがったのではないでしょうか」と述べる寄藤さん。死について考えてみたくなったときには、そっと本書を開いてみてはいかがでしょうか。

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:ダンカン
    ダンカンの『人生は落書き・・・さ』
    たけし軍団のダンカンさんしか語れないエピソードからご自身の身辺日記まで、徒然なるままお届けさせていただきます!
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧