話題は「ななつ星」だけじゃない! 全国に「ご馳走列車」が増加中

ノジュール編集部
JTBパブリッシング
750円(購読料金1年7740円)

今年の「新語・流行語大賞」が「今でしょ」「じぇじぇじえ」「倍返し」「お・も・て・な・し」の4つに決まりました。当初から混戦が予想されていましたが、同賞史上初の4語同時受賞に。予備校講師、人気ドラマの主人公、東京五輪招致プレゼンテーションのそれぞれの"決め台詞"がトップに輝きました。

この流行語大賞ノミネート50語の中には、「ななつ星」も。10月15日にJR九州が運行を開始した"クルーズトレイン"の名ですが、その豪華さと行き届いたサービス、趣向を凝らした食事など、瞬く間に憧れの贅沢列車の代名詞になりました。

速さで勝る飛行機がLCC(ローコストキャリア)などで"安さ"を打ち出しているのに対して、列車は次から次へと新しい旅の形を提案しているように見えます。

その流行をキャッチして、50代からの旅と暮らし発見マガジン『ノジュール』が12月号で取り上げているのは"グルメ列車"。たとえば、熊本県八代(やつしろ)~鹿児島県川内(せんだい)を結ぶ第3セクター「肥薩おれんじ鉄道」では、今年「おれんじ食堂」の運行を始めました。なす紺の車体に、フォークとナイフのシンボルマークが印象的な食堂列車で、木をふんだんに使ったインテリアにテーブル席やカウンター席が。乗客が最初に驚かされるのはウェルカムドリンクのサービス。そして、おいしい食事はもちろんのこと、沿線の各蔵の焼酎が用意されていたり、土地の名産品で作られたデザートも味わえたり。また、駅に停まるたびにお土産がもらえるのも心憎いサービスです。車窓を楽しみながら、レストランやホテルのようなおもてなしを受けられるとは、まさに贅沢な乗り物といえるでしょう。ちなみに車体、内装のデザインはななつ星を手がけた水戸岡鋭治氏によるものです。

ドラマ『あまちゃん』で話題となった北三陸にも「東北エモーション」という食事を楽しめるジョイフルトレインが誕生しました。青森県八戸(はちのへ)~岩手県久慈(くじ)を走るご馳走列車で、現在のメニューは銀座の有名イタリアンレストラン「アロマフレスカ」の原田慎次シェフが監修を務めています。東北の食材を使い、会津桐の重箱に前菜を入れるなど、郷土の伝統工芸品を活用しているところも特徴的。食事を五感で楽しませてくれる演出です。

そのほか、国鉄時代の名車「キハ28」でイタリアンなどが味わえる「いすみ鉄道食堂車」(いすみ鉄道・千葉県)や"走る居酒屋"の異名をとる「おでんde列車」(京阪電気鉄道・滋賀県)など、全国各地で食と列車のコラボが増加中。"車食"ブームが来ているといってもいいかもしれません。

これからは、食事だけ、車窓だけではなく、どちらも味わえる欲ばりな旅に出かけてみてはいかがでしょうか?

【関連リンク】
50代からの旅と暮らし発見マガジン「ノジュール」
http://www.nodule.jp/

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:ダンカン
    ダンカンの『人生は落書き・・・さ』
    たけし軍団のダンカンさんしか語れないエピソードからご自身の身辺日記まで、徒然なるままお届けさせていただきます!
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧