J-WAVE「BOOK BAR」×BOOKSTAND
【ケネディおたくでよかった!】【アノヒトの読書遍歴】 生島淳さん(後編)

生島淳さん

ケネディおたくでよかった!

 「少年時代に出会った最大の作家が小林信彦だとしたら、大学で出会った一番の作家はデイヴィッド・ハルバースタム!」

 前回に引き続いてお届けする、スポーツジャーナリスト・生島淳さんの読書遍歴。後編は、アメリカのジャーナリズムに開眼したという大学時代の話から。

 「中学の頃からのケネディおたくなんです。だから、ハルバースタムの名前は知っていました。ケネディ本といえばハルバースタムの『ベスト&ブライテスト』だという意識はありましたから。実際に読んだのは、受験勉強を終えてひと段落した、大学入学後になりますが」

 ニューヨーク・タイムズの特派員としてのベトナム取材をまとめた『ベトナムの泥沼から』で注目を浴び、その後ベトナム戦争を巡る数々の報道でピューリッツァー賞を受賞したアメリカ屈指のジャーナリスト。ケネディおたくの生島さんと、ハルバースタムとの出会いは必然だった。

 「彼がすごいのは、政治記者なんだけど、同じ労力でスポーツのことも書いていたこと。スポーツもので最初に読んだのは、NBAを題材にした『勝負の分かれ目』。他にも、『男たちの大リーグ』や『さらばヤンキース』など、手にして読める本はすべて読みました」

 政治もスポーツも同じ距離感、同じ労力で書いていく。そんなハルバースタムの執筆スタイルから受けた影響は絶大だった。

 ハルバースタムとの出会い以降、アメリカのジャーナリズムに傾倒していった生島さん。ロジャー・エンジェルやボブ・グリーン、フランク・デフォード、アイラ・バーカウなど、アメリカのコラムニストやジャーナリストの本を愛読した。

 「僕にとって映画はアメリカ映画。ケネディマニアであり、大統領選挙マニアであり、大リーグも好き。つまり、アメリカのカルチャーが大好きなんです。ただ、アメリカは小説の国ではないと思いますね。ジャーナリズムの国。才能ある人が政治とジャーナリズムの世界に集まるのがアメリカだと、僕は思います」

 2007年には、敬愛していたハルバースタムが交通事故で亡くなってしまったが......。

 「代わりというのも変ですが、最近ではマイケル・ルイスが面白いですね」

 自身が勤めていた投資会社での経験を描いた『ライアーズ・ポーカー』でデビュー。ドットコムバブルを題材にした『ニュー・ニュー・シング』や、今年ブラピ主演の映画が公開される『マネー・ボール』など、マイケル・ルイスもまた分野を問わない著作を発表している。

 「最高傑作はなんといっても『マネー・ボール』。スカウトの目よりも数字を信じて選手を選ぶ、オークランド・アスレチックスの経営哲学を書いた本です。経済も野球も同じような感覚で書けて、キャラクターの書き込み方も超一級。本当に面白い本を書く人です」

 生島さんが好きなのは、近頃どっぷりハマッているという歌舞伎流に言うと"兼ねる"作家。様々な分野の知識を頭の中でインテグレートして、新しい視点を提示するところに、ジャーナリズムの面白さがあるという。その考えは、生島さんの読書の仕方にも及んでいる。

 「僕にとっての読書は連想ゲーム。最近なら歌舞伎好きが高じて着物や茶道、お花などの和物へ、和物から時代小説へとどんどん興味が広がっています。いろんなジャンルの本を読み、それらを頭の中でないまぜにするのも読書の楽しみですね」

生島淳(いくしま・じゅん)
スポーツジャーナリスト。1967年、宮城県気仙沼市生まれ。早稲田大学社会科学部卒業後、博報堂勤務と並行してライター活動を行い、1999年に独立。著書に『駅伝がマラソンをダメにした』『慶応ラグビー「百年の歓喜」』『スポーツを仕事にする!』など。他、キャスターやラジオパーソナリティなど幅広く活躍中。


取材・文=根本美保子


ベスト&ブライテスト〈上〉栄光と興奮に憑かれて (Nigensha Simultaneous World Issues)
『ベスト&ブライテスト〈上〉栄光と興奮に憑かれて (Nigensha Simultaneous World Issues)』
デイヴィッド ハルバースタム
二玄社
1,836円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> エルパカBOOKS
さらばヤンキース〈上〉―運命のワールドシリーズ (新潮文庫)
『さらばヤンキース〈上〉―運命のワールドシリーズ (新潮文庫)』
デイビッド ハルバースタム
新潮社
630円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> エルパカBOOKS
マネー・ボール (RHブックス・プラス)
『マネー・ボール (RHブックス・プラス)』
マイケル・ルイス
武田ランダムハウスジャパン
821円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> エルパカBOOKS
ライアーズ・ポーカー (ウィザードブックシリーズ)
『ライアーズ・ポーカー (ウィザードブックシリーズ)』
マイケル・ルイス
パンローリング
1,944円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> エルパカBOOKS
駅伝がマラソンをダメにした (光文社新書)
『駅伝がマラソンをダメにした (光文社新書)』
光文社
756円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> エルパカBOOKS

81.3 FM J-WAVE : BOOK BAR

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:ダンカン
    ダンカンの『人生は落書き・・・さ』
    たけし軍団のダンカンさんしか語れないエピソードからご自身の身辺日記まで、徒然なるままお届けさせていただきます!
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧