佐藤紳哉七段、テレビに映りたかった小学生名人戦

撮影:藤田浩司
4月にスタートした佐藤紳哉(さとう・しんや)七段の講座「佐藤紳哉のエンジョイ将棋」はお楽しみいただけていますか? 佐藤七段に子ども時代の思い出を聞いてみました。

* * *

子どものころ、一番の目標にしていたのは小学生名人戦で優勝することでした。……本当のところは、ベスト4になるとテレビに出られるので、それが楽しみだったんです。6年生のときは我ながら優勝候補だったと思うのですが、ベスト8で阪口悟(五段)さんに逆転負けを喫してしまい、ついに夢をかなえることはできませんでした。将棋の内容も、悔しかったこともよく覚えています。
プロの世界を意識し始めたのもこのころです。将棋教室では4年生くらいから「プロになるの?」と聞かれていたのですが、よく分からないので生返事をしていましたね(笑)。
将棋雑誌を読み始めた時期が、羽生さん、佐藤康光さん、森内さんがデビューして活躍していたころ。その姿に憧れて、プロを目指す気持ちが高まりました。
※肩書はテキスト掲載当時のものです。
■『NHK将棋講座』2018年5月号より

NHKテキストVIEW

NHK将棋講座 2018年 05 月号 [雑誌]
『NHK将棋講座 2018年 05 月号 [雑誌]』
NHK出版
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HMV&BOOKS

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

BOOKSTAND 映画部!