誰でも"イケボ"になれる? 女子アナが声優にもらったアドバイスとは

人前で輝く!話し方
『人前で輝く!話し方』
五戸 美樹
自由国民社
1,404円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> HMV&BOOKS

 大勢の人の前で話すということは、多かれ少なかれ緊張が伴うもの。会議での発言やプレゼンテーション、結婚式のあいさつなどで「もっと上手に話せれば......」と感じたことのある人も少なくないのでは。そんなときはプロのテクニックを学んでみるのも、ひとつの手かもしれません。

 『人前で輝く!話し方』は、元ニッポン放送アナウンサーで、現在はフリーアナウンサーとして活躍する五戸美樹さんが、自身が試行錯誤して身につけたという、話し方のコツを紹介した一冊。

 アナウンサーといえばしゃべりのプロなので、最初から話すのが上手だったのでは......と思いきや、実は五戸さんはニッポン放送入社当時、緊張しすぎて放送中にパニックになり泣き出してしまったり、先輩から叱られて落ち込んで泣いてしまったりと、"泣き虫ダメアナウンサー"だったのだとか。それが今では、フリーアナウンサーとしてラジオ番組出演やイベント司会を務めるほか、アイドルらにトークレッスンを行うまでになったと言います。

 とはいえ、五戸さんも上達のためにかなり試行錯誤したようで、ボイストレーニングレッスンに通ったほか、先輩に研修をしてもらったり、共演した声優さんにみてもらったりして、ようやく現在のようなトーク技術を手に入れたのだそう。同書で五戸さんは「できなかったからこそ、うまくなる方法をたくさん考えました。できなかったからこそ、苦手な人の気持ちがよくわかります」とつづり、自ら苦労して身につけたトークのテクニックを紹介しています。

 同書では、トークの要素となる「内容」「話し方」「メンタル」「声」の4つの側面から、上達のコツを紹介。五戸さん自身の経験や失敗談などを交えてつづられているので、親近感を感じつつ、興味深く読み進めることが出来ます。

 中でも興味深い内容のひとつが、「あなたもイケてるボイス=『イケボ』になれる」というタイトルの「声」がテーマの章。イケボといえば、男性の素敵な声「イケメンボイス」の略ですが、同書では性別問わず、素敵な声のことを「イケてるボイス=イケボ」とし、男女どちらにとっても美しい「イケボ」の出し方をレクチャーしています。

 声優人気も手伝って、声というのは人の大きな魅力のひとつとなっていますが、16歳~75歳の男女1000人に行った調査によると、8割の人が「自分の声が嫌い」と答えたのだそう。さらに、自分の声を録音して聞いたことがある人で調査を行うと、9割以上に上ったといいます。

 そんな声のコンプレックスを克服するために、同書では「その人が本来持っている声=オーセンティックボイス」を見つけて磨くことが大切だと指摘します。自身の声が苦手だと、つい無理をした声を作ってしまいがちですが、実は自身の最も出しやすい声をきれいに響かせることが、イケボへの近道なのだそう。

 そして、そのオーセンティックボイスを見つける第一歩が、「自分の声を録音する」こと。家族と話している時や、お店で注文をするとき、会社で先輩と話している時など、様々なシチュエーションで自身の声を録音してみると、「緊張感がある時」と「気を抜いている時」とで声のトーンが違うことに気づくことができます。そして五戸さんによると、自分の録音した声を聴いて嫌だと感じるのは、多くの場合がこの緊張感がある声を聴いている時なのだそう。そして、もしこの時に自分が作り声になっていると感じたら、気を抜いている時の声を繰り返し聞くことで、本来の声を耳に覚えさせるトレーニングがおススメだと言います。

 実は五戸さん自身、仕事で原稿を読む時だけ「わざとらしい声」になってしまうことを悩んでいたのだそう。そんな時に、声優の岡野浩介さんに「普段の声を録音して聞いてみて」とアドバイスをもらったと言います。これをきっかけに、自身が原稿を読む時に力んでいることに気づいた五戸さんは、それまでの「ちゃんと読まなきゃ」から、「力まずに読もう」という風に意識を変えることができたと言います。

 このほか、同書では「筋膜リリース」「顔筋肉トレーニング」といったフィジカルへのアプローチや、「腹話術発声法」という発声トレーニングなど、イケボになるための様々な方法を掲載。もちろん、会話のテクニックや、語彙力を増やす方法など、トークの内容に関する項目も多数盛り込まれています。具体的なテクニックやトレーニング法が詰まっているので、話し方にコンプレックスのある人は参考にできそうな一冊です。

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム