ギャルママの手料理は「簡単・かわいい・経済的」がモットー

「ほんだし入り白玉抹茶サンデー」を試食する北斗晶さんと、ギャルママモデルのお子さんたち

 ギャルママ料理応援ケータイサイト「mamaごはん」に投稿されたオリジナルレシピをまとめたムック本『作ってアゲる↑↑食べてアガる mamaごはん200Recipe』の発売記念イベントが3月6日、Zepp東京で開催されました。

 ギャルママ雑誌『I LOVE mama』主催によるこのイベント。会場には同誌の専属ギャルママモデルたちが駆けつけ、レシピ本に収録された「エビフィレ揚げ」「炊飯器でカンタンピラフ風」「ほんだし入り白玉抹茶サンデー」の3品を実際に披露しました。

 試食したのは、ギャルママモデルたちのお子さんとタレントの北斗晶さん。プロレスラーの佐々木健介さんを夫に持つ北斗さんは、普段から「美味しくて経済的」なご飯作りを心がけているそう。それだけに、ギャルママたちの工夫を凝らしたレシピからは学ぶところが多いといいます。

「豚肉の代わりに高野豆腐を使ったとんかつなんかは、普段からうちもやります。うちの人(佐々木さん)は肉を沢山食べるんで、いかにごまかすかが大事だから。でも、この本のレシピには驚かされた。若い人は面白いことを考えるね」(北斗さん)

『I LOVE mama』編集長の山下綾子さんも、「ギャルママたちのレシピはどれも『簡単・かわいい・経済的』。彼女たちはファッションやメイクと同じように、家事だって手を抜かないんです」と話しました。

 北斗さんも感心したギャルママたちのレシピですが、子供たちは「どれが美味しかった」と聞かれると、「うちのママのが一番美味しい!」とコメント。何よりもその一言のために、ギャルママたちは日々料理に励んでいるのでしょう。

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

BOOKSTAND 映画部!