豆腐をすってふわふわ煮に……『豆腐百珍』を現代風にアレンジ

奥村流「ふわふわ豆腐」は、トマトのほのかな酸味と焼きのりの香ばしさが、まろやかな味を引き締めます。しっかり水きりをした豆腐と卵をよくすっておくと、食感が均一になり、味のなじみも抜群に。ご飯にかけても。
江戸時代のベストセラー料理本『豆腐百珍』。すり鉢でなめらかにすって煮る「ふわふわ豆腐」を、伝承料理研究家の奥村彪生(おくむら・あやお)さんが、現代風にアレンジしました。

* * *


■『豆腐百珍』原本にみる「ふはふは豆腐」

鶏卵(たまご)ととうふ等分にまぜ、
よくすり合せ、
ふはふは烹(に)にする也。 
胡椒(こせう)の末(こ)ふる。 
鶏卵のふはふはと
風味かわることなし。
倹約を行ふ人専ら用(もち)ゆべし。
現代語訳 ◎ 同量の卵と豆腐を混ぜてよくすり合わせ、ふわふわ煮にする。こしょうをふる。卵だけのふわふわ煮と風味は変わらない。倹約するならこれを作るとよい。



■「豆腐をする」ということ

かつて、すり鉢は日本で重要な調理道具の一つでした。平安時代後期に中国から伝来したとされ、江戸時代には家庭の台所に欠かせないものに。『豆腐百珍』にも豆腐を「する」料理が多数登場しています。
豆腐は「する」と食感が変わるだけでなく、大豆の脂肪が分解されて味が濃厚になります。白あえがおいしいのは、そのためです。また、豆腐を卵や山芋と合わせてすることで、さらに食感に変化が生まれます。
ここでは、豆腐をぜいたく品の卵のかさましに使った倹約料理でもあると記されている「ふはふは豆腐」(上記参照)、小型えびのえびじゃこと豆腐をすり混ぜて炒る「苗鰕菽乳(えびとうふ)」、長芋と豆腐をすり混ぜて煮る「ハンペン豆腐」を現代風に。フードプロセッサーかミキサーを使っていますが、すり鉢があれば、ぜひすり鉢で。よりふんわりとした食感が楽しめます。
※紹介した料理のつくり方はテキストに掲載しています。
撮影:三村健二
■『NHKまる得マガジン 江戸グルメ本に学べ! ヘルシー豆腐活用術』より

NHKテキストVIEW

江戸グルメ本に学べ! ヘルシー豆腐活用術 (NHKまる得マガジン)
『江戸グルメ本に学べ! ヘルシー豆腐活用術 (NHKまる得マガジン)』
NHK出版
617円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> LawsonHMV

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:ダンカン
    ダンカンの『人生は落書き・・・さ』
    たけし軍団のダンカンさんしか語れないエピソードからご自身の身辺日記まで、徒然なるままお届けさせていただきます!
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧