「花つきが悪い」「相性がいい植物は?」──クリスマスローズの疑問

冬の初めに咲く原種の一つ、ヘレボルス・ニゲル。欧米では、このヘレボルス・ニゲルだけがクリスマスローズと呼ばれる。撮影:福田稔
クリスマスローズは基本的に丈夫で育てやすい植物です。もっと楽しむために気を配りたいことを、園芸研究家の横山直樹(よこおやま・なおき)さんに教えてもらいました。

* * *


■相談1:花つきが悪いのですが……

庭の場合
日陰でも育つとはいえ、日陰すぎるのも問題です。暑い夏はほかの植物の陰になり、生育期の秋から冬は、それらの葉が落ちて日が当たる場所がベストな場所。大きくなるので、複数の株を植えつける場合は、40cmは株間をあけるようにしましょう。
鉢の場合
根詰まり、もしくは肥料不足が原因かもしれません。5号鉢以下なら毎年、それ以上なら2〜3年に1回は植え替えましょう。生育期の10〜5月には、緩効性化成肥料(N‐P‐K=12‐12‐12など)を月1回施します。

■相談2:ほかの植物と合わせて植えたい、飾りたいときに、相性がいい植物は?

 
庭の場合
クリスマスローズと同じく冬に咲く、小球根系の花がおすすめです。ムスカリやスイセンなど、色をコーディネートして配置すると華やかさが出ます。
鉢の場合
落ち着いた色合いのパンジー、ビオラや、ヒューケラ、カレックスなどのカラーリーフがおすすめ。鉢をいくつか並べても、うるさくなく、シックな雰囲気にまとまります。
■『NHK趣味の園芸』2017年1月号より

NHKテキストVIEW

NHKテキスト 趣味の園芸 2017年 01 月号 [雑誌]
『NHKテキスト 趣味の園芸 2017年 01 月号 [雑誌]』
NHK出版
545円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> LawsonHMV

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

BOOKSTAND 映画部!