初めて育てるブルーベリー 知っておきたいQ&A

完熟した果実を楽しめるのは、育てた人だけ! 撮影:竹田正道
そのおいしさと育てやすさから、人気の果実・ブルーベリー。『趣味の園芸』2016年6月号ではその育て方の基本と楽しみ方を、ラズベリー、ブラックベリーなど、そのほかのベリーとともに紹介しています。自分で育てた完熟の果実はまさに極上の味。ぜひ、みなさんも体験してみてください。
本稿では、東京農工大学農学部に勤務する伴 琢也(ばん・たくや)さんが、ブルーベリーの特徴と魅力をQ&A形式でお答えします。

* * *

初めて栽培に挑戦するなら、夏に実つき苗の鉢植えを購入し、収穫から楽しむのがおすすめです。コツをつかめば育てやすいのが、ブルーベリーの魅力。数年かけて、少しずつ収穫量をふやしていきましょう。

■Q ブルーベリーの魅力って?


■A 果実だけでなく、花も紅葉も見ごたえあり。

春には白くかわいらしい花が咲き、夏には果実が少しずつ青みを増し、秋には葉が赤く色づくブルーベリー。果実を収穫する楽しみはもちろんですが、四季を通じて目を楽しませてくれる美しさも、大きな魅力です。

■Q いつ、どこから日本に来たのですか?


■A 1951年にアメリカから来ました。

当時の国立北海道農業試験場が、アメリカからハイブッシュ系を導入したことが、日本でのブルーベリー栽培の始まり。その後、東京農工大学や岩手大学などで研究され、1980年代後半から本格的に栽培されるようになりました。

■Q 表面についている白い粉は何ですか?


■A 果実を守るための物質です。

ブルームと呼ばれるロウ物質で、果実を守るためのもの。そのまま食べても害はありません。手で触れると落ちてしまうので、ブルームがついている=鮮度が高い証拠ともいえます。
■『NHK趣味の園芸』2016年6月号より

NHKテキストVIEW

NHKテキスト 趣味の園芸 2016年 06 月号 [雑誌]
『NHKテキスト 趣味の園芸 2016年 06 月号 [雑誌]』
NHK出版 / 545円(税込)
>> Amazon.co.jp

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

BOOKSTAND 映画部!