アジサイは日本で育てやすい

色とりどりのアジサイ。手前から‘KEIKO’、‘ユングフラウ・ジェミニ’、‘グリューン・ヘルツ’。撮影:成清徹也
梅雨空に映える花といえばアジサイ。この春に鉢花を購入した、母の日や父の日の贈り物としてもらった、という方も多いのではないでしょうか。アジサイ生産者の坂本久美子(さかもと・くみこ)さんに、アジサイの基礎知識をうかがいました。

* * *


■日本原産で育てやすいアジサイ

6月はアジサイの花盛り。自然状態では3月中旬から芽吹き始め、5月下旬から開花します。一方、近年では母の日などのギフト用としても人気が高く、生産農家では年明けからハウスを加温し、早いものでは3月中旬から開花鉢の出荷が始まっています。
現在多く流通するアジサイ(ハイドランジア、いわゆる西洋アジサイ)は、もともと日本に自生するガクアジサイなどがヨーロッパで品種改良されたもの。そのため日本の気候に合い、育てやすいのです。

■アジサイの基礎知識

まず、アジサイの花弁のように見える部分は萼(がく)で、この花を「装飾花」といいます。装飾花では雄しべと雌しべは退化しています。本来の花は「両性花」といい、完全な雄しべと雌しべがあるのでタネができます。
一般的に、装飾花のみ、または装飾花の間に両性花が隠れているものを「手まり型」、装飾花が周辺部のみにあるものを「ガク型」として、花形を区別しています。育て方は同じです。

■開花中は水やりだけでOK

アジサイの開花鉢を入手したら、花色があせるまで水やり以外の作業は不要です。株の状態や環境にもよりますが、およそ1〜2か月間はきれいな花を楽しめるでしょう。
■『NHK趣味の園芸』2015年6月号より

NHKテキストVIEW

NHKテキスト趣味の園芸 2015年 06 月号 [雑誌]
『NHKテキスト趣味の園芸 2015年 06 月号 [雑誌]』
NHK出版 / 545円(税込)
>> Amazon.co.jp

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

BOOKSTAND 映画部!