小春日和は、春の季語じゃない! 日本人なら知っておきたい、美しい季語

日々の歳時記 (PHP文庫)
『日々の歳時記 (PHP文庫)』
夏生 一暁
PHP研究所
1,728円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> エルパカBOOKS

 ポカポカした日差しが心地よい「小春日和(こはるびより)」。言わずと知れた初冬の季語ですが、2015年9月に文化庁が発表した「平成26年度 国語に関する世論調査」によれば、実は日本人のおよそ4割が、「春」の季語だと勘違いしているのだとか。

 作家・夏生一暁さんの編著『日々の歳時記 今日という日がわかる』によれば、小春日和の本来の意味は、「冬の初めの11月頃に、春先を思わせる暖かい日が訪れることがあり、これを『小春』『小春日』『小春日和』と呼んでいる。もともと『小春』は『小六月』とともに旧暦10月の異称。本格的な冬に入る前の一時的な暖の戻りを小粋な言葉で捉えた美しい季語といえる」そうです。

 旧暦10月は、現代の私たちが用いている新暦では、11月から12月上旬に相当。秋の終わりから、風が冷たさを増す初冬のこの時期に、時に春を思わせるような晴天の日があることを言います。また、同書によれば、英語ではこの気候を、春ならぬ「インディアン・サマー」と呼び、春ではなく夏と表現するところが面白い、としています。

 歳時記と言えば、春夏秋冬の四季に新年を加えた5分割が普通ですが、同書では、「今日の季語」と題して、1日ごと365日の季語を収録することで、日々移ろう季節の変化が目に見えて感じられる工夫がされています。同書を日々傍らに置いてページをめくれば、「今日が何の日」なのかはもちろん、その日が二十四節気・七十二候のどこに対応するかも一目瞭然。俳句作りの手引きとして最適なのはもちろんですが、日本人なら知っておきたい"日本文化の粋"を学べる1冊となっています。

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

  • かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。2015年8月21日スタート!
  • エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。2014年9月15日スタート!
  • PLANETS/第二次惑星開発委員会
    ほぼ日刊惑星開発委員会
    評論家の宇野常寛が主宰する、批評誌〈PLANETS〉のメールマガジン。幅広いジャンルの記事をお届けします。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧