「ウェブが社会を動かす」という未来予想図

ウェブとはすなわち現実世界の未来図である (PHP新書)
『ウェブとはすなわち現実世界の未来図である (PHP新書)』
小林 弘人
PHP研究所
821円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> エルパカBOOKS

 テクノロジーとインターネットは、とてつもない速度で進化し、世の中を変えています。今では私たちの社会はウェブ抜きでは成立しません。今後、そんな我々の社会はどのようなものになるのでしょうか?

 黎明期から日本のネット文化の中心で活躍してきた株式会社インフォバーン代表取締役CEOの小林弘人さんは、新著『ウェブとはすなわち現実世界の未来図である』の中で、端的にこう予測しています。

「もともとウェブ空間はリアル社会の複製から始まったが、これからはリアル社会がウェブのなかで培われた思考様式や心理状態を模倣していくだろう」

 小林さんは、このような状態になっていく原因としては、ウェブ上での「人間中心主義」の台頭があると言います。

 一昔前までのインターネットでのコミュニケーションは端末同士の通信による情報交換のみが主流でした。しかし、Facebookを代表とするSNSの台頭により、顔が見える相手との「体験」や「感情」の共有がオンライン上で可能になり、情報交換よりもオンライン上の人間同士の繋がりが重要になってきました。

 この傾向を小林さんは「人間中心主義」と名付け、今後のインターネット社会はほとんど全ての場面で人間中心主義をより一層強めていくだろうと述べています。

 インターネット上には似たようなサービスが乱立していますが、流行っているサービスとそうでないものの違いは、上記の「人間中心主義」に沿っているか否かです。そういったサービスは「シェア」され、より多くの人に浸透していきます。そして、この「シェア」という行為こそがインターネットの人間中心主義の本質であり、従来の資本主義の考え方を変える可能性があると著者は述べています。

 より多くの人にシェアされたサービスは成長を続け、SNS上でシェアされている記事は多くの人に影響を与え、クラウドファンディングでシェア(共感)を得られた事業モデルには多くの資金が集まります。

 このまま人間中心主義が進行していくと、インターネット上で話題になっているものや、より多くの人が望んでいるものが現実社会に登場したり、インターネット上で生まれた考え方や人間の感情がそのまま社会に直結することによって、ますます現在の世界はインターネット無くしては成り立たなくなります。

 本書の中で著者は、それは決して悪いことではなく、むしろ自然な流れであると述べています。テクノロジーもインターネットも進化を続けていますし、社会も常に進化を続けなければなりません。

 今後、テクノロジーとネットワークは人間中心主義に沿って、各個人に合うように変化を促し、今よりも強く組織や共同体に浸透していきます。まさに、これまでの常識が通じなくなる時代に突入していくのです。そんな時、企業や個人はいかなる視座を持つべきか。今一度考えた方が良いかもしれません。

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:ダンカン
    ダンカンの『人生は落書き・・・さ』
    たけし軍団のダンカンさんしか語れないエピソードからご自身の身辺日記まで、徒然なるままお届けさせていただきます!
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧