人気アニメが電子コミック化! 『かよえ!チュー学』イベントレポート

 2月22日、東京都・下北沢にある書店B&Bで"かよえ! チュー学コミック①発売記念『夜の課外授業 in 下北沢』"が行われました。同イベントは東海テレビ放送で毎週月曜日から木曜日の深夜24時35分より放送されている、短編アニメーション『かよえ! チュー学』の4コマ電子コミック化記念トークイベント。同アニメはテレビのほかに、Facebook、YouTube、ニコニコ動画でも観ることができます。

 また現在では本編が"300話"を超え、YouTubeでの累計再生回数は1400万回以上を記録している人気コンテンツ。キャラの濃いチュー学生たちの学園ドラマ会話劇として話題沸騰中の同作品ですが、この日の会場は超満員! 発刊イベントにふさわしい盛り上がりを見せました。

 開演と共に現れたのは、監督・脚本の新海岳人さん、声優として出演しているお笑いコンビ「なすなかにし」のモリノ役・中西茂樹さん、ワダ役・那須晃行さん、お笑いコンビ「ヒカリゴケ」のアラキ、イバタ役・片山裕介さんの4人。コミックの発売記念イベントとのことでしたが、登場とともにお笑いライブさながらの話術で会場を笑いの渦に包んだ様子はさすがお笑い芸人! 出だしから絶好調です。

 この日は"夜の課外授業"ということで、早速1時間目の『10分でわかるかよチュー』がスタート。そして、かよチューコミック版の作者・谷口菜津子さんが選んだ「オススメかよチューベスト10!」VTR上映に伴い、谷口さんご本人も登場しました。「声優陣から"邪悪な趣向"と言われた谷口さんが選んだ10作は以下。

1.神さま
2.天使と悪魔
3.天使と悪魔2
4.教育番組すっぽぽん
5.赤ずきんさんと七人の妖精
6.赤ずきんさんとみにくいアヒルの子
7.夏まつり2
8.母トーク
9.ひらけ米つぶ君
10.進級

 ちなみに声優陣の中西さんのおすすめは「居留守」、片山さんは「破廉恥和尚」がお気に入りとのこと。上記の作品をはじめ、「かよえ! チュー学」のアニメは、全話YouTubeで観ることが可能なので必見です!

 メインキャラクター5人の中で、谷口さんが特にお気に入りなのはオネエキャラのイバタなんだとか。また「既にあるアニメ作品の漫画を担当するにあたりアニメを観込んだのか」と監督の新海さんから問われると、「死ぬほど見ましたよ。寝転がりながらYouTubeで」と谷口さん。それに対し声優陣が「それ寝てるんなら死ぬほどちゃうやろ!」と鋭い突っ込みを披露し、もはやコントのよう。2時間目以降もアテレコ、大喜利といったイベントならではの内容で、終始笑いが絶えない時間となりました。

 『かよえ! チュー学コミック①』は32話の4コマを収録しており、本編だけでは伝えきれなかった、ワダ、アラキ、モリノ、イバタ、ブランコたちのネタ満載のチュー学校生活を詰め込んだ、電子オリジナル傑作ギャグマンガ! かよチューの監督を務める新海さんの特別インタビューも収められ、同アニメの新たな魅力に触れることができるかもしれません。スマートフォン、タブレット端末から簡単にダウンロードできるようなので、ためしてみてはいかがでしょう。

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

BOOKSTAND 映画部!