ネタ劇場

植物を育てたくなる映画3選

春です、あったかくなってきたから、植物を育てましょう! 何度も枯らしちゃってる人も、次は頑張れる気がする。そんな映画を3本、ご紹介します。

ピース・リリー 『ホット・ファズ –俺たちスーパーポリスメン!-』

ホットファズ -俺たちスーパーポリスメン!- [DVD]

『ショーン・オブ・ザ・デッド』のエドガー・ライト監督による、ポリスアクション映画に対する愛情がたっぷり詰まったコメディ映画。「お前がデキすぎるせいで、俺らがバカに見えるから」という理由で、ロンドンから田舎に左遷された生真面目なエリート刑事ニコラス・エンジェル(サイモン・ペッグ)が主人公。理不尽な通達を不満に思いながらも、新たな赴任先へ向かう道中、彼がずーっとずーっと大事に抱えていた花が、“日本産”の「ピース・リリー」なんとも素敵な名前の花ですが、なぜあえて日本産かは謎! ちなみにこの花、日本では「スパティフィラム」と呼ばれている超メジャーなサトイモ科の観葉植物です。初心者にも育てやすいようなので、観葉植物デビューにひと鉢どうぞ。

ホットファズ -俺たちスーパーポリスメン!- [DVD] ジェネオン・ユニバーサル

アグラネオマ 『レオン』

レオン 完全版 [DVD]

植物を大事にする男の元祖といえばやっぱり、ジャン・レノ演じる殺し屋レオン! 「強面の男×植物好き」というギャップは、レオンのキャラクターを見事に表現しきってます(あと、ミルクも大好き)。一見、冷酷非道に見える男の裏側に潜む、チャーミングで心優しい一面。……ハードボイルドってやっぱり萌えます。さて、このレオンが大事にしている植物は「アグラネオマ」というそうです。日陰でも育ち、水やりの頻度も土が乾いたらやる程度でOK。観葉植物初心者にも育てやすい品種のようです。

レオン 完全版 [DVD] 角川書店

何かの苗 『WALL・E』

ウォーリー [DVD]

ピクサー、2008年の名作『WALL・E(ウォーリー)』にも、植物を大事にする(たぶん)男が出てきます。全人類が宇宙へと旅立った29世紀の地球で、たった一体孤独に働き続けるゴミ処理ロボット・ウォーリーと、地球を調査しに来た探査ロボット・イヴの小さな愛の物語。木の一本もない荒廃した大地で、ウォーリーが偶然見つけた「何かの苗」は、物語上でもとっても重要な物体。嬉しくてイヴに見せると、彼女(?)は植物を格納したままフリーズし、宇宙船に連れ去られてしまいます。実はイヴは、植物の存在を調査しに来ていたのです。大好きなイヴのために、けなげに植物を守るウォーリーがかわいすぎます。植物って愛おしい!そんな気持ちになれる一本です。

ウォーリー [DVD] ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

BOOKSTAND 映画部!

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム