ネタ劇場

特集&まとめ

2014年10月

  • 80年代映画キャラ特集

    80年代映画キャラ特集

     80年代の映画を振り返ると作品名よりも、登場する「キャラクター」が先に浮かんでしまう方も多いのではないでしょうか。
     実際、作中に登場するモンスターやキャラが出演俳優よりも目立ち始めたのは、80年代のSFX(特殊効果・特撮)とVFX(視覚効果)技術の進化が影響しています。

     『猿の惑星』(1968)以降、特殊メイク技術は大きく進展し、今年の7月に亡くなった特殊メイク界の偉人ディック・スミスが発案した液状のゴムを固める革命的手法で激変。特に80年代は空前のホラーブームでトム・サヴィーニなどのアーティストが監督以上に注目され、VFX面でも一部で(初歩的な)CGIが使用され始めます。さらに電子操作のアニマトロニクスの発展も追い風となり、現実では観たことがないリアルなモンスターや殺人鬼たちがスクリーンの中に次々と登場したのでした。

     そこで「80年代映画キャラ特集」と題して、80年代に生まれた5つの人気(?)キャラをピックアップ。リアルタイムな世代にも、聞いたことはあるけど観たことがない世代にも、今時のフルCGIでは再現出来ないヌクモリ溢れるアナログなキャラクターたちをご紹介します。しかも5本中4本でリブート計画進行中!
    (文/シングウヤスアキ)

    続きを読む

    10/28 (Tue)
  • 秋の夜長にバイクで走り出したくなる映画3選

    秋の夜長にバイクで走り出したくなる映画3選

    秋の夜長に、何をするか。バイクでしょ! とはいえみんないい大人なので、盗んだバイクじゃなくて自分のバイクで快走する、走り出したくなる映画3本をご紹介いたします!(選/鬱川クリスティーン)

    続きを読む

    10/ 3 (Fri)

BOOKSTAND 映画部!

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム