もやもやレビュー

運命の相手のみつけかた教えます!『ピーチガール』

原作は累計発行部数1300万部を超える、上田美和によるウルトラヒットコミック!
1997年から2004年まで「別冊フレンド」で連載され女子中高生を中心に大ブームを巻き起こした伝説のコミックがついに実写化。
ヒロインの安達もも(山本美月)は地黒なことをコンプレックスにしているピュアで曲がったことが大嫌いな女の子。見た目のせいで周りからは尻軽女だと勘違いされたりもしているが、ももが密かに思いを寄せるとーじ(真剣佑)は本当のももを知っていてくれる。
そこに学校一のモテ王子カイリ(伊野尾慧)がひょんなことからももに思いを寄せて、まさかの三角関係に。ももの友達沙絵(永野芽郁)が小悪魔ぶりを存分に発揮して3人の関係をかき回す。はたしてこの恋の結末は・・・?

peachgirl_sub1_web.jpg


どうしてこの漫画は、長く愛され続けてきているのだろう?
連載当時はとーじ派とカイリ派に分れて「彼氏にするなら絶対にとーじ!」「女心をわかってくれていつも楽しいカイリ!」と話に花を咲かせ盛り上がっていたものだが、これって『ブリジットジョーンズの日記』に似ている現象なのかもしれないと気がついた。
二人の男の間で揺れるヒロインを、いつの時代の女性も求め続けているのだろう。

本作では、主人公が高校生ということもあり、まだどうやって恋愛をしていけば良いのかわからないぎこちなさや、よく理由もわからないままに恋愛が終わりそうになる不安定さがすごく丁寧に繊細に表現されていた。
カイリが目指す職業も映画オリジナルであるにも関わらず、キャラクターの気持ちを表現する要素としてすごく大切な役割を果たしていたように思う。
そして、「計算なく幸せになる方法」をこの映画から吸収して帰宅できるお土産付き。
どんな人を愛したら良いのか正解はないけれど、本作がひとつのヒントになることだろう。

(文/杉本結)

***

peachgirl_sub2_web.jpg

『ピーチガール』
5月20日(土)より公開中!

監督:神徳幸治
原作:上田美和『ピーチガール』(講談社「別冊フレンド」刊)
出演:山本美月、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)、真剣佑、永野芽郁、本仮屋ユイカ、水上剣星、升毅、菊池桃子 ほか
配給:松竹

2017/日本映画/116分
公式サイト:http://peachgirl-movie.jp
©2017「ピーチガール」製作委員会

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧