もやもやレビュー

地底3.9kmの向こう側『ピラミッド帽子よ、さようなら』

ピラミッド帽子よ、さようなら (復刻版理論社の大長編シリーズ)
『ピラミッド帽子よ、さようなら (復刻版理論社の大長編シリーズ)』
乙骨 淑子
理論社
3,024円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> LawsonHMV

『君の名は。』を観て、新海誠という映画監督を知り、過去の作品が気になった人もいることと思う。そのうちの一本に、2011年公開の『星を追う子ども』という映画がある。ざっと説明するなら、「地下世界"アガルタ"から来た男の子と、彼と出会った女の子、アガルタに執念を持つ教師の冒険物語」といったところだろうか。

公開当時この映画を新宿バルト9で観た後、プログラムか何かで、監督自身が着想を受けた本の存在について語っているのを読んだ。その本とは、乙骨淑子(おっこつよしこ)『ピラミッド帽子よ、さようなら』である。まずそのタイトルに惹かれ、SF児童書であることにもそそられた。映画を見てから数日と経たないうちに、私の手元にはその本があった。

それまで乙骨淑子氏について存じ上げなかったが、病弱な中で骨太な児童文学を残し、全集化されるほどの作家であった(児童文学で全集が出る人は少ないという)ことを知る。『ピラミッド帽子よ、さようなら』は、彼女が命を燃やすように病床で書き綴った話だが、残念ながら話を終えることなく51歳という若さで亡くなっており、未完となった。初版は1981年、その後絶版になったものの、名作という呼び声が高く、2010年に復刊を遂げた。

お調子者の男子中学生洋平は映像研究会所属。アガルタから来たという少女ゆきと出会い、"映研"の仲間とともに旅に出る。300ページ以上のボリュームだが、軽やかに描かれているので、主人公と同じ中学生でも読み切れるのではないかと思う。

スペースシャトルで宇宙空間まで行ける人類だが、地底にはまだ未到達である。人間が達した最深記録はたったの3.9km。いったいその先にどんな世界が広がっているのだろう。10代の自分にそっと手渡したい物語であり、この先もずっと手元に残しておきたい。そんな一冊と出会うことができた。

(文/峰典子)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム