寒さと霜が苦手! 速やかに収穫したい野菜たち

イラスト:山口洋佑
菜園では、秋冬野菜が収穫を待っています。寒さと霜に弱い野菜はまっさきに収穫したいもの。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんがアドバイスします。

* * *

寒さにきわめて弱いのは、アジアやアメリカ大陸などにおける熱帯地域原産の野菜です。霜に当たると一夜にして葉がぐったりとしおれ、さらに何度も霜に当たると傷んで腐ってしまうので、霜が降りる前に収穫するのが基本です。
根菜類は地下の様子がわからないので、地上部を見て判断します。とりごろのサインは、葉が黄色っぽくなること。寒さで葉が枯れ始めるころになると、イモやショウガに養分がたっぷりと蓄積されています。
収穫後、適切に保存すれば、長期間品質を保つことができます。

■サトイモ

葉が枯れ始めたことをきっかけに収穫します。地上部の茎(葉柄〈へい〉)を10〜15cm残して切り、土を軟らかくしたうえで収穫します。土を落とし、親イモ、子イモ、孫イモに分割して根を切ります。とりたてはねっとりとしておいしいので、すぐに食べるのがおすすめです。「ヤツガシラ」、「赤芽(あかめ)イモ」などの赤茎系の品種は、切り取った葉柄も、イモガラとして食べられます。皮をむいて天日干しにして保存し、水で戻して煮物や汁の実などで食べます。葉柄が緑色の「土垂(どだれ)」、「石川早生(いしかわわせ)」などはえぐみが強く、食べられないので注意してください。

■サツマイモ

葉が黄色くなったら、収穫適期です。サツマイモは湿り気を嫌うので、晴れて土の乾いた日を選んで掘り上げます。株元のつるを20cmほど残して切り、つるや葉、マルチを取り除きます。株のまわりにスコップをさし込んで土を軟らかくしたあと、つるを引き上げてイモを収穫します。とり残しがないよう、土中をよく探ります。
収穫後2週間ほど、風通しのよい日陰に置くと、甘みが増しておいしくなります。

■ショウガ

葉が黄ばんできたら、霜が降りる前に収穫します。株のまわりにスコップをさし込んで土を軟らかくし、根元を持って引き抜き、土を落として葉と根を切ります。根ショウガ(新ショウガ)の下に、春に植えつけたタネショウガ(ひねショウガともいう)がついています。タネショウガは辛みが強く筋っぽいので、おろしなどで食べます。
■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2017年11月号より

NHKテキストVIEW

NHK趣味の園芸 やさいの時間 2017年11月号 [雑誌] (NHKテキスト)
『NHK趣味の園芸 やさいの時間 2017年11月号 [雑誌] (NHKテキスト)』
NHK出版
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> LawsonHMV

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:ダンカン
    ダンカンの『人生は落書き・・・さ』
    たけし軍団のダンカンさんしか語れないエピソードからご自身の身辺日記まで、徒然なるままお届けさせていただきます!
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧