花も団子も楽しみたい!京都でオススメの甘味とは?

京都おやつ旅 (京都しあわせ倶楽部)
『京都おやつ旅 (京都しあわせ倶楽部)』
甲斐 みのり
PHP研究所
1,080円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> LawsonHMV

 今年も桜の季節が巡ってきました。寺社仏閣や街角に佇む桜を愛でるため、京都の街もまた、いつもにも増す観光客で賑わいます。しかし、なかには花より団子という方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。京都には、そんな方々も満足することができる、たくさんの和菓子、洋菓子の名店が存在します。

 桜の木々が連なる祇園・白川沿い。新橋の畔には、吉井勇の歌碑と枝垂桜を見ることができますが、その斜め向かいには甘味処"ぎをん小森"が。戦後から続くお茶屋さんを1998年に甘味処にリニューアルしたという、ぎおん小森。ここのお菓子は、厳選した素材を最適な調理法で毎日手作りしているといいます。小豆は十勝産の大納言、あんみつには吉野葛を用い、葛あんは注文を受けてから作るそう。そしてここでの一番人気は、本わらび粉と砂糖、水だけで作る"わらびもち"。

 甲斐みのりさん著『京都おやつ旅』では、同店のわらびもちについてこう綴られています。

「わらびもちはプレーンと抹茶の2種類で、たっぷりとかかったきなこの上から、好みで風味豊かな黒蜜をかけて味わいます。このわらびもちを使った『わらびもちパフェ』や『わらびもちぜんざい』もあり、リピーターに好評です。ほかには『お菓子に使うのはもったいない』と茶舗からもいわれるほど上質な抹茶を使った抹茶菓子も。ゼリーやババロアなどもあって、海外からの観光客にも喜ばれています」

 四条大橋を渡り、八坂神社、枝垂桜のある円山公園へと向かう四条通り沿いやその周辺にも、名店が並びます。

 京の老舗・鍵善良房プロデュースのZEN CAFEは、「古きよき伝統文化と現代的デザインを見事に融合させた、新しい和菓子スタイル」(同書より)を提供するカフェ。落ち着いたシックな空間のなかで、和菓子とお茶はもちろん、コーヒーやフレッシュジュースなども味わうことができます。

 1935年、うどん店として創業し、戦後コーヒーやサンドイッチも出す喫茶店として再開した、切通し進々堂の店内には、この店を贔屓にする芸舞妓さんたちの名入り団扇が並びます。レモンゼリーをベースに、メロンやイチゴのゼリーを合わせた、色鮮やかな"みどり〜の""あかい〜の""きいろい〜の"と呼ばれるフルーツゼリーは、見た目も味も楽しむことができます。

 この他にも、マールブランシュ加加阿365のチョコレート、ぎおん徳屋の"本わらびもち"をはじめ、祇園界隈だけでも多くの魅力的なお菓子に出会うことができます。

 ひとつひとつ桜の表情が異なるように、それぞれに個性的なお店の数々。京都の桜巡りをする際には、花も団子も楽しんでみてはいかがでしょうか。

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧