けもの道の状態から、いかに日本の道路は発展してきたのか?

道路の日本史 - 古代駅路から高速道路へ (中公新書 2321)
『道路の日本史 - 古代駅路から高速道路へ (中公新書 2321)』
武部 健一
中央公論新社
929円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> エルパカBOOKS

 私たちが生活の一部として日々利用している「道路」。「すべての道はローマに通ず」ということわざもあるように、その歴史は古く、古代ローマや秦の始皇帝の時代においてすでに巨大な道路交通網が存在していたことは知られるところです。

 一方、日本における、道路についての最初の文書記録は、魏からの使いが日本にやってきて最初に抱いた印象を記録した『魏志倭人伝』にみられる、「土地は山険しく深林多く、道路は禽鹿の径の如し」という記述。

 本書『道路の日本史』の著者・武部健一さんは、この一文において注目すべき点が三つあるといいます。

 日本の領域である対馬国(現長崎県対馬市)に魏使がはじめて上陸したときの印象を記した、この一文。注目すべき一点目は、これが日本の道路についてのはじめての同時代記録であるということ。二点目は、現在私たちが使っている「道路」という言葉が、すでに見受けられるということ。そして三点目として、この『魏志倭人伝』を記した魏の国からの使いの目には、対馬の道路が「禽鹿(きんろく)の径(みち)の如し」という状態、つまり手つかずの自然に近い、けもの道のように見えていたのだという点を武部さんは指摘します。

 本書では、この「土地は山険しく深林多く、道路は禽鹿の径の如し」という状態にはじまった日本の道路が、古代駅路から現在の高速道路にいたるまで、いかなる歴史を辿ってきたのか詳細な分析がなされていきます。

 道路の歩みを辿っていくなかで武部さんは、「国がしっかりしている時代は、道路網もまた強固である」ということに気がついたそうです。道路の背後には国家という存在があり、道路はその国の歴史を反映しているのだといいます。

「古代律令国家の駅路整備から、鎌倉幕府による『鎌倉街道』のネットワーク、織田信長の幅三間半の公道規格、江戸幕府の五街道整備など、政治的な時代区分と対比させると分かりやすい。道路の制度も実態も、政治的な節目で変わってくるのがはっきりしている。なぜなら、道路は人間の歴史とともに歩んできたが、それを造るのは個々の人びとではなく、小は集落の単位組織から大は一国の政府まで、一連の社会的なつながりによって造られ、守られてきたからである」

 有事の際の迅速な情報連絡、軍隊の移動、公用役人の輸送、都への貢納物の輸送といった、さまざまな目的から造られ整備されてきた、長い道路の歴史。道路史という視点から改めて日本を見つめ直してみることで、より一層日本通史への理解も深まるのではないでしょうか。

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:ダンカン
    ダンカンの『人生は落書き・・・さ』
    たけし軍団のダンカンさんしか語れないエピソードからご自身の身辺日記まで、徒然なるままお届けさせていただきます!
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧