インタビュー
映画が好きです。

Vol.22 ゆるめるモ!さん(アイドル)

ニューウェーブアイドル「ゆるめるモ!」は、映画の趣味もやっぱり個性的で素晴らしかった!

2012年10月に結成された、6人組ニューウェーブアイドルグループ「ゆるめるモ!」。音楽ライターの田家大知さんがプロデューサーを務め、非常階段やPOLYSICSのハヤシヒロユキさんとのコラボレーションなど、音楽ファンからも人気を集める彼女たちが、このたび映画初主演。ますます注目の6人にインタビューしてきました! 独特のgdgd感がたまらなくかわいくてハマります。

──本作『女の子よ死体と踊れ』では、それぞれが"自分"役を演じています。役作りはどんな風にしましたか?

ようなぴ「映画の役はゆるめるモ!のようなぴで、自分自身ではあるんですが、キャラ設定とかは普段の自分とはリンクしていなくて。自然に演じていたんですが、自分自身ではないなっていう感覚でした。その空間の中で、自然にそこにいられたらいいなと思ってやりました」
ちーぼう「素のままでやっちゃおうと思っていました。自分らしさとかも全然考えず、その場で自然と出た行動でやってみようという感じでした」

あの「人生で初めての演技が死体役だったので最初は困ったけど、ちゃんと役割のようなものがある分、現実とは違うから、普段の自分とは違う人になることを少し意識した。変に演技しようと思わず、自然な感じでできました」

けちょん「私も役作りというよりは、自然体でやってました。それより、台詞が棒読みにならないようにするのでいっぱいいっぱいになってました(笑)」

もね「ゆるめるモ!のもねを誇張した感じ。特に作り込んだりはしなかったです」

しふぉん「映画を作ることが決まったあと、メンバーひとりずつ朝倉加葉子監督と面談をしたんですが、その時にバイト先でよくバイトリーダーを任されますっていう話をしたら、見事にそういう役になりました。例えば"どこどこ掃除してきてー"とかって言う台詞があるんですが、ほんとにバイトでもよく言ってたりするので、そこらへんは素でやってたんですけど。あと、剣道をずっとやっていたっていう話をしたら、剣さばきのシーンもいくつかいただいて、そこらへんも自分らしく、堂々と、変に構えずできました」

ylmlm_0206.jpg

ゆるめるモ!のみなさん(左から、しふぉん、もね、けちょん、あの、ちーぼう、ようなぴ)


──撮影は山の中で合宿生活を送りながら行われたそうですが、とても過酷だったそうですね?

ようなぴ「5日間、朝から夜まで一日中撮影だったんですが、すごく寒い上に、あったかいごはんがなかなか食べられないのもきつくて。撮影2日目に出してもらったあったかい親子丼がめっちゃ嬉しくて、オアシスみたいに思えました」

ちーぼう「合宿の合間に撮影を1日休んで、東京でライブをしました。山から東京に戻ってライブをして、その次の日にまた山に戻るっていうハードスケジュールだったので、大変でしたね。でも、疲れてますよっていうのは見せないようにしました!」

あの「お泊まりとか嫌いだから、合宿っていうのが嫌で、おうち帰りたいって思ったりしました。あと、撮影で倒れるシーンがいくつかあって、1回じゃOKが出ないから、何度も何度も何度も倒れました。あと、崖を登ったりとかも。(アイドル気取ってはいないんですけど)アイドルなのに(......あ、気取ってはないんですけど)体を張るようなアイドルらしからぬ役をもらったのは、純粋に嬉しいと思いながらやりました」

shitai_sub_01.jpg

映画『女の子よ死体と踊れ』より

けちょん「撮影中はほんとにすごく寒くて、あったかいごはんを食べるのだけが楽しみだったんですよ。で、2日目にやっとあったかいごはんが食べられるとなって、"わーい!ごはんだ〜!なんだろう〜?"ってもらいに行ったら、親子丼で......。私、卵アレルギーなんですよ。だから食べられなくて......初めてごはんで泣きました(笑)」

もね「家に帰ってオンとオフを切り替えるタイプなので、私も泊まりっていうのがすごくきつくて。宿も一人部屋じゃなかったので、ひとりになれる場所が数日間本当になくて。唯一、布団の中ならひとりになれるかなって思ったら、布団に砂が付いてて全然もぐれなくて、替えてもらったら、それにも砂が付いてて(笑)。めっちゃきつかったです(笑)」

しふぉん「私は合宿とかが好きなタイプで、みんなといるの面白かったから、そこらへんは全然苦痛じゃなかったです。でも、睡眠時間がいっぱい欲しい人間で、普段はわりと規則正しい生活を送っているので、夜中までの撮影とかが目が開かなくて。それが一番きつかったです」

shitai_sub_5.jpg

マシンガンもぶっ放してます。


──『女の子よ死体と踊れ』はファンタジック・ホラーという位置づけですが、ホラー映画は好きですか?

ようなぴ「怖いのは苦手。お化け系もグロいのも苦手なので、自分からは絶対に観ないですね。それよりは、ファンタジー系だったりハッピーになれるやつの方が好きです。もともとあまり映画を観るタイプではないですが、好きな映画は『ピンポン』の実写版です。松本大洋さんも好きだし、出ている役者さんも好きだし、空気感も、使われている曲も好き。原作も、映像も、音楽も、全部いいです」

ちーぼう「けっこうホラーは好きなんですけど、映画自体をそんなに観るタイプではなくて、映画を観て面白いなと思った記憶があんまりないんです。でもひとつだけ、最近観た映画で面白い!って思うのがあります。『スイートプールサイド』っていう、毛深い女の子と毛が生えない男の子が出てくる映画。ホラーとかよりそっちの方が怖いなって思いました。やっぱ女の子だったら毛薄くなりたいし、男の子だったらそれなりにすね毛とか生えたいとか思うのに、逆だから......。かわいそうって思いました」

あの「ホラーは怖くて観られないです。映画は、映画館よりもDVDを借りて観る方なんですけど、最近は時間がないから、YouTubeで予告編をひたすら観て、気になったのを時間ができた時に一気に観たいなと思ってます。今まで観た中だと『アウトレイジ』、あと『藁の楯』がすごく好きです。裏切りだったり人間の怖さみたいなものがすごく伝わってきて、観ていて楽しくなります」

けちょん「ホラー映画は怖くてあまり観ないんですけど、好きなのは『スーサイド・ショップ』というアニメーション映画です。自殺用品店の話なんですけど、そのお店においてあるものがかわいい! いろんな種類の自殺用品が置いてあって、こんなのあったら......(笑)。いや、自殺願望があるわけじゃないんですけど。映画自体も、結局、自殺はよくないよねっていう話なんですよ。みんな楽しく生きようって」

もね「映画はすごく好きでよく観るんですけど、ホラーはひとりだとみれないのであんまり観ないです。最近は、『渇き。』がすごく面白くて、小松菜奈ちゃんの役に感情移入して観ました。他にも『仄暗い水の底から』とか『エコール』とか、ちょっと考えさせられるストーリーの映画が好きです」

しふぉん「私はホラーがめちゃめちゃ好きで、日本のホラーってけっこう奥深いなって思っているんですけど。ホラーの中では『リング0 バースデイ』が一番好きで、小さい頃に何度も何度も観ました。生きてきた中で一番好きな映画は『木更津キャッツアイ』。泣いてたのに、けっきょく笑っちゃったわ、みたいな、いろんな感情が一本に凝縮されている映画がすごく好きです」

ゆるめるモ!のみなさん、ありがとうございました!

(撮影/中野修也 取材・文/根本美保子)

***

main.jpg

『女の子よ死体と踊れ』
10月31日(土)よりシネマート新宿、11月14日(土)よりシネマート心斎橋、名古屋シネマスコーレ、12月12日(土)より広島・横川シネマ、12月博多中洲大洋映画劇場ほか全国順次公開!

監督・脚本:朝倉加葉子
主演:ゆるめるモ!<もね、けちょん、しふぉん、ようなぴ、あの、ちーぼう>
配給:日本出版販売
2015/日本映画/70分

公式サイト:http://ymm-film.com
©2015 YOU'LL MELT MORE!Film Partners

« 前の記事「映画が好きです。」記事一覧次の記事 »

ゆるめるモ!

2012年10月に結成され、メンバーは<もね、けちょん、しふぉん、ようなぴ、あの、ちーぼう>の6人。NEU!、ESG、Suicideなどのオマージュや非常階段やハヤシヒロユキ(POLYSICS)、ミドリカワ書房などとのコラボレーションで、他のアイドルグループとは一線を画した独特の楽曲世界を体現し、幅広く音楽ファンからも支持を集めている。新曲を2曲含む映画スペシャルCD『女の子よ死体と踊れ』も10月21日(水)にリリース!

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧