ネタ劇場
ときめく英語

文句、言い訳、角が立ったり歯が浮いたり。日本語で言いにくいことも、英語で言えばときめける! 不条理な毎日をサバイブするために。英語のセリフを、映画から学ぶコーナーです。

紳士的ミステリアスなセリフを『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』から。

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ [Blu-ray]
『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ [Blu-ray]』
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> LawsonHMV

 ロンドンの一般女性がネットに投稿したストーリーが、世界累計1億部突破の官能恋愛小説となり話題になった『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』。大企業の若きCEOクリスチャン・グレイがメインキャラクターということで、本作には紳士的な英語のセリフがたくさん! スマートでミステリアスなフレーズを本作から学んでみましょう。

①誰でも使う、"Nice to meet you(初めまして)"を紳士的に。
"Delighted to meet you."
(お会いできて光栄です)

②会社で来訪者を見送る時によく使用されるビジネス英語のフレーズ。
"I'll walk you out."
(外まで送るよ)
解説:「見送る」は "See someone off"と使われることもありますが、これは特定の場所まで送って、相手が出発するのを「見送る」という意味。

③冷酷な雰囲気がクールをより引き立てる。
"There are some people who say that I don't have a heart at all."
(俺には全く心がないという人も何人かいる)

④できるビジネスマン風なセリフ。
"The key to my success has been in identifying talented individuals and harnessing their efforts."
(私の成功への鍵は、才能あるものを見つけ出し、彼らの努力を活用することだ)

⑤時々突き放すセリフに、女子はそそられる。
"I'm not the man for you. You should steer clear of me."
(俺は君に似合わない。俺に関わらない方がいい)

⑥ザ・ミステリアス発言。
"I don't do romance."
(恋愛はしないんだ)

⑦優しく理解を示してくれるのはとても紳士的。
"I would understand completely."
(十分理解するよ)

⑧これだけミステリアスだったら、色々と知りたくなりますね!
"Enlighten me then."
(じゃあ、私に教えて)
解説:「教えて」という表現は、"Give me"や "Tell me"など様々ですが、"Enlighten me"は「知的なことや精神的なことについて教えてほしい」という時に使います。

 大人版『トワイライト』と称される本作は、他にもたくさん紳士的なのに過激な英語がたくさん。比較的リスニングしやすいので、ぜひ字幕版でチャレンジしてみてくださいね。

(文/トキエス)

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:ダンカン
    ダンカンの『人生は落書き・・・さ』
    たけし軍団のダンカンさんしか語れないエピソードからご自身の身辺日記まで、徒然なるままお届けさせていただきます!
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧