連載
杉山すぴ豊の、アメキャラ映画パラダイス

第56回 2018年は、これからのアメコミ映画を担う1年!?

アイアンマン [SPE BEST] [Blu-ray]
『アイアンマン [SPE BEST] [Blu-ray]』
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> LawsonHMV

今年もよろしくお願いいたします!
さて2018年というのはこれからのアメコミ映画を担う1年になるのでしょう。
僕はアメコミ映画のエポックメイキングになったのは2008年、2012年だと思っているのですが、その2つの年に匹敵します。

まず2008年は『アイアンマン』と『ダークナイト』が封切られた年なのです。リーマン・ショックで企業の責任が問われる年に、社長ヒーロー物がそろった、という奇跡。
そして『ダークナイト』は社会現象となり、またマーベルの自社映画部門マーベル・スタジオの『アイアンマン』の大成功が後の『アベンジャーズ』につながるマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の始まりだったわけです。
2012年には『アベンジャーズ』『アメイジング・スパイダーマン』『ダークナイト・ライジング』が夏に出そろうという大変な年になりました。アメコミ映画がハリウッドの中核になったことを感じさせる年でした。

そして2018年。
まず今年は『アイアンマン』から数えてMCU10周年の記念すべき年。
その集大成ともいうべき、ほとんどのマーベル・ヒーローが共演する『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が公開です。
このビッグ・イベントに前後して、MCU初の黒人ヒーローが主役の『ブラックパンサー』、女性ヒーローの名がタイトルに入った『アントマン&ワスプ』が公開されます。MCU的なダイバーシティの始まりですね。

このMCU旋風の中、20世紀フォックス印のX-MEN映画が3本公開されます。
ご存知のように、X-MENはマーベル・コミックスのキャラですが、映画化権は20世紀フォックスが持っているのです。
あの『デッドプール』の続編『デッドプール2』。
正統派X-MEN映画の流れをくみながらも宇宙まで舞台が広がると言われている『X-MEN:ダーク・フェニックス』。
そして若きミュータントが悪霊と戦う!というX-MEN映画×ホラーな異色作『ニューミュータンツ』です。
X-MENという素材だけでこれだけのバリエーション・・ここから新たなX-MEN映画のあり方、作り方がわかるショウケースともいえます。
しかし、例のディズニーの20世紀フォックス買収で、X-MENの映画化権がディズニー→マーベル・スタジオに戻るため、2019年以降のX-MEN映画はMCUに取り込まれる可能性大。
そうなると"20世紀フォックス印"のX-MEN映画の見納めの年になるかもなのです。

こうした中、スパイダーマン系の権利を持つソニー・ピクチャーズはスパイダーマンの出ないスパイダーマン映画ともいうべき『ヴェノム』(=スパイダーマンのライバル・キャラ)を公開。MCUとは異なるマーベル映画路線を貫くのかもしれません。

マーベル陣営のライバルDCは、年末(日本は来年)の『アクアマン』まで
公開作がありません。ちょっと寂しいですが、『ワンダーウーマン』が素晴らしかったので『アクアマン』に期待が持てるし、『ジャスティス・リーグ』でいったん区切りのついたDCヒーロー映画戦略をDCなりにジックリ見直す1年になりそうです。いい方向性が見えるといいですね。

というわけで2018年は個々の作品自体も楽しみですが、ふりかえってあの年が大きな転機だったと、あとから言われる1年になりそうです!
今年もみなさんと一緒に盛りあがっていきましょう!

(文/杉山すぴ豊)

« 前の記事「杉山すぴ豊の、アメキャラ映画パラダイス」記事一覧次の記事 »

杉山すぴ豊

アメキャラ系ライターの肩書きで、アメコミ・ヒーロー映画やSF、モンスター映画についての伝道活動を、雑誌、TV、WEB等で展開。 映画「アメイジング・スパイダーマン」「アベンジャーズ」の劇場パンフレットにも寄稿しています。映画「サラリーマンNEO劇場版(笑)」にCMクリエーター役でなぜか出演。 AOL等でもコラム展開中。
また人気と評判の(笑)ブログはこちら http://supi.wablog.com/

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧