政治家、官僚、マスコミを嘆く"新解さん節"が広告に-『新明解国語辞典』第七版発売

 12月1日、三省堂から7年ぶりに改訂された『新明解国語辞典』第七版が発売された。作家・赤瀬川原平さんによる『新解さんの謎』で一大ブームになって以来、版が変わる度にファンの間では改訂前と改訂後で変更になった語釈探しが行われてきたが、今回もまた話題を呼びそうだ。

 発売に合わせて、三省堂は新明解国語辞典の特徴的な語釈を紹介する広告を展開している。

 新聞広告の【公約】では「政府・政党など、公の立場にある者が選挙などの際に世間一般の人に対して、約束すること。また、その約束。〔実行に必要な裏付けを伴わないことも多い〕」。

 【官僚的】では「官僚一般に見られる、事に臨んでの独善的な考え方や行動の傾向を持っている様子だ。〔具体的には、形式主義・事なかれ主義や責任のがれの態度などを指す〕」。

 【ジャーナリスティック】では「マスコミ特有である様子だ。〔読者の興味をそそる話題を追求する余り、時に俗悪に流れかねない風潮を批判する気持ちも一面に含む〕」と政治家、官僚、マスコミを嘆く"新解さん節"を紹介している。

 また、首都圏JR各線の中吊り広告では、「凡人」「実社会」「恋愛」を取り上げている。「凡人」の語釈は、「自らを高める努力を怠ったり功名心を持ち合わせなかったりして、他に対する影響力が皆無のまま一生を終える人」。辞書なのにふつうの読者に対しても容赦なく言い切る"新解さんスタイル"は相変わらず健在。

 12月1日の朝日新聞朝刊には15段の全面広告を掲載し、人格を感じられるユニークな語釈20個を掲載している。


≪関連リンク≫
「新明解国語辞典」第七版 三省堂オフィシャルHP    

「教えて! 新解さん」 

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

BOOKSTAND 映画部!