インタビュー
映画が好きです。

VOL.29 川口春奈さん(女優)&林遣都さん(俳優)

川口春奈さんと林遣都さんが初共演! 川口さんはがさつ女子、林さんはゲイ役に挑む。

川口春奈さんと林遣都さん。映画やドラマで大活躍中のおふたりですが、実は本作『にがくてあまい』が初共演作。「食と愛」をテーマにした、小林ユミヲさんによる同名コミックを原作に、林さんが初のゲイ役を演じていることでも話題になっています。美男美女パワーがまぶしすぎて、まともに目線を合わせられなくなりながら、インタビューしてきました!


----初共演ということで、それぞれに抱いていたイメージとのギャップはありましたか?

川口春奈さん(以下、敬称略)「林さんがゲイの役。すごく似合うなって思っていたんです。実際にお会いしてみると、男気のある男。"俺についてこい"みたいな意思が芯の部分に感じられて。そして、すごく真面目で、役と向き合って突き詰めていく感じが職人っぽくもありました」

林遣都さん(以下、敬称略)「お会いして一緒に過ごしてみて、思っていたよりも大人っぽく落ち着いているなと思いました。接しやすいけど、そう簡単に心は開かない。僕もそういうタイプなんですが、打ち解けてからは居心地がよくなりました。あと、すごくいたずらっぽいところがある。適当なことを言うし。そういう部分も楽でいいなと思いました」


----役柄とご自分との共通点は?

川口「私もマキ(劇中での役名)と同じでがさつなタイプです。物事ははっきりさせたいし、好き嫌いもはっきりしてるし、自分の意見をばんばん言う。でも、その割にあとで大丈夫だったかなって気にしいのところもあって。共感できるところは多かったですね」

0712_kettle_0164.jpg

がさつなキャリアウーマン・マキを演じた川口春奈さん。

林「僕は逆に、まったく共通点がありませんでした。原作を読んだ時、自分とはまったく違う要素ばかりだったので、これはちゃんと振り切ってやらなければいけない、と思いました。監督から、最低限これだけはやって欲しいと言われたのは、"ゲイ"であるというパーソナリティと、食に対する思い。このふたつを集中して作り込みました。本物の世界をまずは見なければと、ゲイの方々と交流を持ったり、二丁目にも行ったりしました」


----やはり二丁目ではかなりの人気者でしたか?

林「これが印象的だったんですけど、全然だったんです。ゲイにモテそうだということはちょくちょく言われていましたが、みんな何を根拠に言っているんだろうと思っていたんです。実際に本物の方々に聞いてみると"あんたみたいな子を好きなのはね、実際は10%ぐらいよ。そんなモテないわよ"って言われて。だから、安心していられたんですが(笑)」


----映画の中では、林さんが演じる渚の作る料理が、やがてふたりを家族のように結びつけていきます。おふたりにとって、心に残っている家族の味はどんなものですか?

林「僕は3人兄妹なので、みんなでガツッとサラッと食べられる料理が多かったです。よくやっていたのは、手巻き寿司。今思い出すと、家族の団らんを感じられるいいものだったのだなと、改めて思います」

0712_kettle_0122.jpg

ゲイの菜食主義者・渚を演じた林遣都さん。

川口「私はおばあちゃん子で、おばあちゃんの魚料理の味が心に残っています。海に囲まれた田舎で育ち、おばあちゃんも市場で働いていたので、毎日、魚が食卓に上っていました。生で食べたり、煮たり、焼いたり、揚げたり。時々思い出すと、食べに帰っています。落ち着きますよね、やっぱり」


----映画では「菜食主義」も要素の一つとなっていましたが、おふたりは食に関して何かこだわりはありますか?

川口「こだわりではないですが、自分が好きな時間に好きなものを食べられないと機嫌が悪くなります(笑)。それだけ、食べることが好きなんだと思います。かたや林さんは執着ないでしょう?」

林「そんなことないよ。食べる食べる」

川口「食べてるところが想像つかない。撮影中も食べてなかったんじゃないの?」

林「どんなイメージだよ(笑)。確かに量はそんなに食べる方ではないですが、仕事上、食事バランスは一応気にしています。あと、量は食べないけど美味しいものが好き。グルメサイトなどを見てごはん屋さんを開拓したりもしていますし」


----劇中には美味しそうなベジタリアン料理がたくさん登場しますが、特に美味しかった料理は?

川口「お肉の代わりに"高きび"という穀物を使ったハンバーグがすごく美味しかったですね。それから、玄米のしょうゆおむすびも。体に良くて、かつ美味しいって最高ですよね。ちなみにマキは野菜嫌いですが、私自身は野菜が大好きです」

林「全部美味しかったです。感動の域でした。美味しいベジタリアン料理にするためにたくさんの工夫がありましたが、お肉じゃないのにお肉みたいとか、ゴーヤなのに苦くないとか、そういうことではなく、素材を活かすことを目指した料理なんです。この素材はそのまま食べるとこんな味だけど、こうして料理するとこんなに素晴らしいものに変わるんだよって。食べたことのない味ばかりで、食べるたびに感動していました」


----最後に、おふたりが最近観た映画は何ですか?

林「『ズートピア』ですね。メッセージ性が強く、みんながこういう感性になれば世界は平和になるんじゃないかと思いました。素晴らしい映画でした」

川口「私も『ズートピア』です。最後に観たのはそれですね」

川口春奈さんが「料理はできない、部屋は荒れ放題、私生活はだらしない」キャリアウーマンのマキを、林遣都さんが「ゲイの菜食主義者」の渚を演じた映画『にがくてあまい』。一方的に恋に落ちたマキの想いは実るのか? 美味しそうな料理と、胸キュンと、人間愛が詰まった本作は9月10日(土)公開です!


撮影/中野修也 取材・文/根本美保子 
スタイリスト/川口春奈:山本隆司 林遣都:菊池陽之介 
ヘアメイク/川口春奈:板倉タクマ(ヌーデ) 林遣都:伊藤聡


***

main_nigaama.jpg

『にがくてあまい』
9月10日(土)よりTOHOシネマズ新宿他全国ロードショー

監督:草野翔吾
出演:川口春奈、林遣都、淵上泰史、桜田ひより、真剣佑、SU、中野英雄、石野真子 ほか
配給:エレファントハウス

2016/日本映画/96分
公式サイト:http://nigakuteamai.com
©2016映画「にがくてあまい」製作委員会
©小林ユミヲ/マッグガーデン

« 前の記事「映画が好きです。」記事一覧次の記事 »

川口春奈(かわぐち・はるな)

1995年、長崎県生まれ。2007年、雑誌「ニコラ」専属モデルとしてデビュー。近年の映画出演作に『好きっていいなよ。』(2014/日向朝子監督)、『幕末高校生(2014/李闘士男監督)、『クリーピー 偽りの隣人』(2016/黒沢清監督)など。映画公開待機作に2017年2月公開『一週間フレンズ。』(村上正典監督)など。

林遣都(はやし・けんと)

1990年、滋賀県生まれ。2007年、映画『バッテリー』(滝田洋二郎監督)で俳優デビュー。主な出演作に『DIVE!!』(2008/熊澤尚人監督)、『パレード』(2010 /行定勲監督)、『荒川アンダー ザ ブリッジ』(2012年/飯塚健監督)、『花芯』(2016/安藤尋監督)、NHK総合放送90年大河ファンタジー「精霊の守り人」(2016)、Netflixオリジナルドラマ「火花」(2016)など。「ON異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」(毎週火曜/KTV・CX系)に出演中。初舞台「家族の基礎」(9月6日〜)にも出演する。

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:ダンカン
    ダンカンの『人生は落書き・・・さ』
    たけし軍団のダンカンさんしか語れないエピソードからご自身の身辺日記まで、徒然なるままお届けさせていただきます!
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧