インタビュー
映画が好きです。

Vol.09 中田秀夫さん(映画監督)

ヒッチコックの変態なところが好き! 中田秀夫監督が語る、新作映画『MONSTERZ モンスターズ』と好きな映画。

藤原竜也さんと山田孝之さんの初共演も話題の、中田秀夫監督最新作『MONSTERZ モンスターズ』。相反する能力を持った2人の男が激突する、サスペンス・アクション映画です! 中田監督、どんな映画ですか!!?

──藤原竜也さんとは『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』以来のタッグですが、次は藤原さんでラブストーリーを撮りたいとおっしゃっていたとか? 「プレス資料に書いてあった? 正確には、ラブストーリー的なメロドラマをやりたいっていうのは欲求としてずっとあったんですが、それとは別に『インシテミル』のあと、また竜也くんと仕事したいよねって企画プロデューサーと話していたんです。そのふたつがどっかでくっついたんだと思うんですけどね。まあ、竜也くんでラブストーリーも全然アリだし、今回図らずも男同士のラブストーリー......とはちょっと言いにくいけど、結果的にそれに近いようなものになったかもしれない(笑)。相反する能力を持ったが故に、出会ってはいけない宿命のふたりが出会ってしまうというお話ですからね。でも、撮影中には男同士のラブみたいなことを意識しながら撮っていたわけではまったくないですよ! ただ、モノローグが明らかにラブストーリー的だったり、抱き合うようなシーンがあったりと、編集して初めてそういう要素もけっこう強いなとは思いました」

──中田監督が思う、藤原竜也さんの魅力とは? 「華があるんですよね。中学を卒業してから芸能界でずっとやってきて、蜷川さんや深作さん、各界の巨匠に鍛えられてきたキャリアを持っていますから。普段、撮影現場にいる時の、ある種のオーラというか華というか、そういうものがずば抜けています。身長が高くすっきりした和風のハンサムで、フォトジェニックでもあるし」

──今回が初のタッグである山田孝之さんはどうですか? 「山田くんは終一というキャラクターを演じたんですが、彼自身の中で終一像というのをとことん追求していたと思います。ひと言の台詞も曖昧には言わない。どういうトーンで言うべきかをカメラテストの直前まで考えて、口の中でずーっとぶつぶつ繰り返していました。竜也くんがわりと自分の感性、いわば勢いでやるタイプの俳優さんだとすると、山田くんの方は精密機械のように自分自身の演技を準備する人なんじゃないかなと思いました」

──役柄も正反対だけど、本人同士も正反対だったんですね! 「本当の人となりはわからないですよ! 僕はあまり俳優さんと友達にならないようにしていますから、どこまで本当の彼らを知っているかはわからない。ただ、彼ら自身にもライバリズムのようなものがあったのかなとは思います。例えば、待ち時間の間にふたり揃ってセットの外に出ていることもあったけど、仲良くリラックスして世間話するようなということはどうもなかったようなんです。僕的にはそれは歓迎すべきことで、こういう映画の場合、オフカメラでふたりがすごく打ち解けてリラックスしていると、その感じが画面にも表れてしまって、緊張感がそがれてしまう面があると思うんです。きっとふたりにもそういう意識があったんじゃないでしょうか。やっぱりプロだなと思いましたね」

IMG_8111.jpg



──なぜ俳優さんと友達にならないんですか? 「ミステリアスな部分を持っていて欲しいからかな。そこは監督とプロデューサーで違うところなのかも。プロデューサーは俳優さんと親しくしていた方がいいと思うけど、監督の場合は、俳優の普段の生活とか、あまりわかりすぎるのもどうかなって思うんです」

──クライマックスで山田さんが群衆に囲まれるシーンは、まるでゾンビの大群のように見えました。やはりゾンビを意識したのでしょうか? 「特に意識したわけではなく、結果的にゾンビ表現ぽくなったという方が正しいんです。男の"力"によって心も体も操られている何百人もの人々。そのエネルギーを表現するためには、うめき声も必要だと思ったんです。手もだらりとしているだけじゃつまらないので、腕を上げた方がいい。といううちに、結果としてゾンビっぽくなったということなんです。でも、演出の中でエキストラの人たちには"食い殺すつもりで演じて"って言ったかも知れませんね」

──今回はアクション・サスペンスということで、中田監督の好きなサスペンス映画を3本教えてください! 「全部ヒッチコックですが、『レベッカ』『断崖』『見知らぬ乗客』です。『レベッカ』と『断崖』は、僕の一番好きな女優さんジョーン・フォンテインが主演で、彼女の心理的な不安感や恐怖感の描写が素晴らしい。『見知らぬ乗客』は、交換殺人という当時としてはすごくセンセーショナルなアイデアがあり。ザ・サスペンスといった趣の、サスペンスの教科書みたいな作りだと思います」

──ヒッチコックの魅力とは? 「映画の、特にサスペンスというジャンルにおいて、サスペンス映画の神髄......一番のエッセンスをサイレント映画時代から習知していたこと。サスペンスのお手本、教科書みたいな面がありますよね。あと、言葉を選ばずに言うと、ヒッチコックってけっこう変態チックなんですよ。金髪フェチだ、卵コンプレックスだと、いろんなコンプレックスを持っていて、ほんとに初期の作品から金髪の女性に対する劣等感のようなものが色濃く見えるんです。最近、アンソニー・ホプキンスが演じた伝記映画『ヒッチコック』を観ても、女性への敬愛とサディスティックな感情、両方を持っているように感じました。要するに超コンプレックス男なんですよね。あと、ものすごく嫌な奴だったという説もあります(笑)。僕は助監督もやっていましたが、助監督としては絶対につきたくないタイプの監督だけど、撮る映画は天才的。そういう、人間的に不完全なところに惹かれますね」
(取材・文・写真/根本美保子)

MONSTERZ_main.jpg



『MONSTERZ モンスターズ』
5月30日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー

監督:中田秀夫
出演:藤原竜也、山田孝之、石原さとみほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
2014/日本映画/112分

公式サイト:http://www.monsterz-movie.jp
©2014「MONSTERZ」FILM PARTNERS

見える人間すべてを思い通りに操れる能力を持った男(藤原竜也)と、その男の能力が唯一効かない男(山田孝之)。対立する能力を持って生まれたふたりの出会いは、大群衆を巻き込む壮絶な闘いへと発展していき......。

« 前の記事「映画が好きです。」記事一覧次の記事 »

中田秀夫(なかた・ひでお)

1961年岡山県生まれ。東京大学卒業後、1985年に日活撮影所に入社。助監督を経て、1992年にTVドラマ「本当にあった怖い話」シリーズの「幽霊の棲む旅館」「呪われた人形」「死霊の滝」で監督デビュー。1996年『女優霊』で映画監督デビュー。続く『リング』(1998)、『リング2』(1999)が大ヒット。ハリウッドでリメイクされた『ザ・リング』の続編、『ザ・リング2』(2005)を自ら監督、ハリウッドデビューを果たす。その他主な監督作に『仄暗い水の底から』(2002)、『L change the World』(2008)、『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』(2010)、『クロユリ団地』(2013)など
MONSTERZ (集英社文庫)
『MONSTERZ (集英社文庫)』
渡辺 雄介
集英社
627円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> エルパカBOOKS

映画のノベライズ本。本作の脚本家・渡辺雄介氏による書き下ろしです。

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧