ネタ劇場
ときめく英語

文句、言い訳、角が立ったり歯が浮いたり。日本語で言いにくいことも、英語で言えばときめける! 不条理な毎日をサバイブするために。英語のセリフを、映画から学ぶコーナーです。

学校では教えてくれない際どいスラングが満載! 『デッドプール』

DEADPOOL[Blu-ray][Import]
『DEADPOOL[Blu-ray][Import]』
20th Century Fox
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> LawsonHMV

 英会話スクールに通っているのに、いざプライベートで外国人と話すと、何を言っているかまったく聞き取れない!という事態に陥った人は多いのでは。その原因はもしかすると、"際どいスラング"を知らないからかも!? そこで今回は、もっと英語力を上げてカジュアルな会話にも参加したい!という人のために、R15指定のアメコミ作品『デッドプール』から、学校では教えてもらえない"際どいスラング"をご紹介!


①まずは定番の捨てゼリフ
"Motherfucker!"
(クソ野郎!)

②萌えた時に使えそうなセリフ。
"I'm touching myself tonight."
(今夜のオカズにするぜ)

③くだらないものをプレゼントされたとき
"I don't take the shit."
(そんなもん、受け取らねえよ)

④「call」は「呼ぶ」以外にもたくさんの使い方があるんです! 例えば「決断」。
"That's a tough call."
(それは難しい決断だ)

⑤どうにもならない最悪な状況には「shit-show」を使います。
"Cancer is a shit-show."
(ガンってのは、最悪なもんだ)

⑥「lame-ass」は「薄っぺらい」とか「胸糞悪い」を意味します。
"They're all lame-ass teacher's pets."
(奴らは全員、薄っぺらい優等生だ)


⑦"Shit"の前に "the"をつけることで、「クソ」から「最高」というポジティブな表現に変わるって知ってましたか?
"What the shit!"
(最高じゃねえか!)

⑧「dickless」は造語。直訳は「チ○コなし」なので、「能無し野郎」や「役立たず」という悪口になります。
"Thanks dickless, and I mean you."
(ありがとう能無し野郎。あなたのことよ)

他にも本作にはギリギリ(アウト?)なスラングがたくさん! しかし簡単なものから覚えていくことで、外国人同士の日常会話がもっとわかりやすくなるかもしれません。デッドプール先生に感謝です。

(文/トキエス)

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧