字は体を表わす。みんな違って、みんな美しい「くせ字」の魅力

美しい日本のくせ字
『美しい日本のくせ字』
井原 奈津子
パイインターナショナル
1,944円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> LawsonHMV

 「日本の為に祈りを。」と自ら日本語で書いたティーカップを掲げるレディー・ガガ。東日本大震災の後、世界中で放射能汚染を恐れる声が上がる中、いち早く来日して、復興支援を呼び掛ける世界的歌姫の姿に、胸を熱くした日本人は多かったのではないでしょうか。拙いけれど、丁寧に書かれた8文字には、レディー・ガガの気持ちが表れていて、手書き文字の持つ力を教えてくれた出来事でした。

 著者でくせ字愛好家の井原奈津子氏によると、レディー・ガガの文字は、当時流行っていたギャル文字に似ているとか。ギャル文字は、「かわいさ」や「不完全さ」が相手を安心させるくせ字だと井原氏は分析しています。「ガガがなぜギャル文字を書けるのか、書いたのかは謎だが、私は『さすが!』と思った。勘がよくないと出来ないことだと思う。そしてその勘の良さはひとえに『日本への愛』から来るものではないだろうか」(本書より)

 本書には他にも、お笑いタレントがボードに書いた即興ギャグの文字から、街で見かける看板の手書き文字まで、著者が約30年にわたって集めたという40以上の個性豊かなくせ字が紹介されています。

 「端正で奇怪。形が独特なだけでなく、ここまで機械的に整っているのも珍しい」と著者が評するのは、怪談で人気のタレント稲川淳二氏の字。だれが見ても読みやすい彼の字は、2年前にテレビ番組で紹介されるなり、ツイッターで話題になり、「稲川淳二みたいな字を書けるようになりたい」というコメントがネット上に数多く寄せられたとか。一つの文字をめぐる人々の騒ぎように興奮したという井原氏は「『その字が好きだ』『その字が欲しい』と思わせる字が書であり、それを書く人が書家なのだと常々思っている。稲川淳二氏の字は、そういった意味で私にとっては『書』なのだ」と感動を綴っています。

 また、芸術家の岡本太郎氏が、「『美しい』は『きれい』とは全く違う」と彼の著書で書いていることを紹介し、「私も『美しい』という言葉を、きれいに整ったという意味でなく『そのものから何かを感じて心に響くこと』として使いたいと思います」と述べています。確かに、手書き文字には書き手の気持ちを込めることができるようです。

 パソコンで作る文書が当たり前になった昨今、挨拶状などに手書きで一言添えてあると、ちょっと嬉しくなりますね。字のくせを見て、書き手の顔を思い出すようなら、かなり親しい間柄でしょう。完璧に見える人が、意外とかわいい字を書いていて、親近感を持ったという経験はありませんか。

 「字はその人の存在を映し出してくれる。だから面白い。そのことが、少しでもこの本から伝わったら嬉しいです」とは、著者のあとがきの言葉です。くせ字も個性のうち。そう考えると、恥ずかしかった悪筆にも愛着が湧きそう。手書き文字の魅力を教えてくれる素敵な一冊です。

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:ダンカン
    ダンカンの『人生は落書き・・・さ』
    たけし軍団のダンカンさんしか語れないエピソードからご自身の身辺日記まで、徒然なるままお届けさせていただきます!
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧