お雑煮の謎 「東の角餅、西の丸餅」 その境界線はどこ?

わくわくお正月とおもち (おくむらあやお ふるさとの伝承料理)
『わくわくお正月とおもち (おくむらあやお ふるさとの伝承料理)』
奥村 彪夫
農山漁村文化協会
1,944円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> エルパカBOOKS

 新年に欠かせない、お節料理と雑煮。伝承料理研究家・奥村彪生さんの著書『わくわくお正月とおもち (おくむらあやお ふるさとの伝承料理)によれば、元旦に雑煮を食べる習慣が定着したのは、江戸時代中期、元禄以降のこと。もともとは、新年を迎えるにあたり、歳神に供えた特産物と餅を一つ、鍋で煮たことに由来します。

「東の角餅、西の丸餅」と言われるように、東日本では、のし餅を切った四角い角餅、西日本は丸い小餅を食べることが多いようです。そもそも、雑煮発祥の地、京都では餅をついて一つ一つ手で丸める丸餅を用いていましたが、将軍のお膝元、江戸では人口が多かったため、このやり方では時間がかかってしまいます。そこで、手早く大量に作れるようにと、餅を一気にのしてから切り分ける、角餅文化が広まりました。

 それでは丸餅・角餅の境界線はどのあたりなのでしょうか?

 奥村さんが、各地域の出身者に丹念に聞き取り調査を実施し作成した「全国お雑煮マップ(日本の雑煮文化圏図)」によれば、新潟県糸魚川から石川県金沢、岐阜県関ケ原、三重県四日市、和歌山県新宮を結ぶ線、ごく大まかに言うと、関ヶ原を境目に、ちょうど東西に分けられると言えそうです。

 もちろん、混在する地域や例外な地域もありますが、東日本で異色なのが、山形県庄内地方。東日本の角餅文化圏内にもかかわらず、東北では唯一、酒田市・鶴岡市だけ丸餅となっています。一体なぜ、庄内地方の餅は丸いのでしょう?

 実は、日本海側のこの地域は、北前船で栄えた港町。江戸時代には西回り航路の起点だったため、京都や大阪から上方文化が数多く運ばれてきました。そのため現在でも西日本の食文化の影響が強く、丸餅なのではないかという説が有力です。

 また、雑煮の変わりどころで有名なのが、四国・香川県のあん餅雑煮。白みその汁に、あんを包んだ餅を入れます。「白みそにあん入りの餅を入れるなんて!」とびっくりしてしまいますが、白みその塩気とあんの甘味が意外にマッチするのだとか。

 地域ごと、あるいは家庭ごとにバラエティーに富んだ調理方法が存在する雑煮ですが、今年の正月は"歳神に供えたお供えを家族でいただく"という、本来の意味をかみしめながら、家庭で雑煮を味わってみてはいかがでしょうか。

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

  • かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。2015年8月21日スタート!
  • エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。2014年9月15日スタート!
  • PLANETS/第二次惑星開発委員会
    ほぼ日刊惑星開発委員会
    評論家の宇野常寛が主宰する、批評誌〈PLANETS〉のメールマガジン。幅広いジャンルの記事をお届けします。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧