沖縄ではEXILE以上の人気!? 沖縄ヒーロー番組『琉神マブヤー』が、超ゆるいけど社会派だった!!

琉神マブヤーでーじ読本: ヒーローソフィカル沖縄文化論
『琉神マブヤーでーじ読本: ヒーローソフィカル沖縄文化論』
山本 伸
三月社
2,376円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> エルパカBOOKS

 沖縄のご当地ヒーロー「琉神マブヤー」をご存知でしょうか? マスクのモチーフは、シーサー、必殺技は「スーパーメゴサー(すごいゲンコツ)」、決め台詞は「たっぴらかす(こてんぱんにしてやる)」など、「ウチナーグチ(沖縄方言)」や沖縄文化をふんだんに盛り込んだヒーローです。

 2008年に始まったTVシリーズのDVD販売枚数は3万枚を超え、主題歌は、県内では一時期EXILEのCD売上をも超えたほど。2011年には、沖縄出身のガレッジセール・ゴリや、山田親太朗・ISSAが出演した映画『.琉神マブヤーTHE MOVIE 七つのマブイ』が全国公開されるなど、今や、沖縄県内のみならず、日本全国でも知られる存在となりました。

 一見ゆるい設定に見える同作ですが、TVシリーズでは、反戦デモや米軍基地問題も取り上げるなど、沖縄が今直面している社会状況を正面から描き、大人の鑑賞にも充分耐えられる作品となっています。

 数あるTVシリーズのなかでも、異彩を放っていたのが2012年放映の『琉神マブヤー1972レジェンド』。本土復帰前の1972年、アメリカ統治下に置かれていた沖縄を舞台に描いた異色作です。身勝手な人間を懲らしめようとする「マジムン」軍団のほかに、「沖縄アメリカナイズ計画」実現が目的の敵キャラ「アメリカマジムン」も新たに登場し、マブヤーと三つ巴の戦いを繰り広げます。

 エピソードのなかでは、「マジムン」のアイテムとして、明治期以降、標準語励行を強制するために沖縄で用いられた「方言札(ほうげんふだ)」を想起されるものまで登場させるなど、かなり政治的メッセージも盛り込まれていた同作。その一方で、某人気料理番組のパロディや、ミュージカル場面を取り入れるなど、ポップなシーンも多数。第8話では、いつも脇役のマジムン軍団の手下・クーバーが主役になった"神回"も放映されています。

 書籍『琉神マブヤーでーじ読本』は、そんなマブヤーシリーズのストーリーと背景を丁寧に解説した1冊。特撮ヒーローに興味がない方でも、文化や歴史、多少なりとも沖縄に関心がある人なら、誰でも楽しめる作品となっています。

« 前のページ | 次のページ »

BOOK STANDプレミアム

  • かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。2015年8月21日スタート!
  • エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。2014年9月15日スタート!
  • PLANETS/第二次惑星開発委員会
    ほぼ日刊惑星開発委員会
    評論家の宇野常寛が主宰する、批評誌〈PLANETS〉のメールマガジン。幅広いジャンルの記事をお届けします。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧