ホーム画面へメルマ旬報を追加しよう

をタップして「ホーム画面に追加」で完了です。
  • 『水道橋博士のメルマ旬報』読者の皆様へ いつもご愛読をいただきありがとうございます。副編集長の原カントくんです。すでにSNS等でお聞き及びの方もいらっしゃると思いますが、この2012年から続けてきた『水道橋博士のメルマ旬報』を、2022年9月末日をもってクローズしようと思います。これまで支え続けてくださり、誠にありがとうございました涙。唐突なお知らせになってしまい、誠に申し訳ございません。廃刊の理由は、シンプルにいうと編集長の水道橋博士が参院選に当選し政治家になったことにより、僕の務める会社判断で「特定の政治家が編集長を務めるメディアを運営することはできない」という判断にくだったこと。そして、様々な思想信条を持った数多くの連載陣をずっとまとめていくことは困難であろう、という、僕自身による判断です。水道橋博士自身は続ける意欲はありましたが、形あるものはいつか終わる、これもまたクローズの滅多にないタイミングだな、と最終的にはお互い思うに至りました。この『水道橋博士のメルマ旬報』から数多くの単行本書籍、そして新しい才能が生まれたことが純粋に嬉しいです。そして僕自身が、メルマ旬報に関わったことをきっかけに、水道橋博士から原カントくん、という名前を付与され、人生が変わった一人です。読者の皆様、そして編集長である水道橋博士に感謝しかありません。また、関係者の調整に時間がかかり、読者のみなさまへのお知らせが遅れてしまったことをお詫び申し上げます。この『メルマ旬報』、2022年9月いっぱいまでは配信を続けます。おそらく連載陣、渾身のラスト・レターを届けてくれることでしょう。なので、ぜひ、最後までご購読ください。また、2022年9月が終わっても、しばらくは読者の皆さまが無料で閲覧できる仕組みをつくっております。メルマの星座はずっと続いていきます。いつかまた、交わりますように・・・『水道橋博士のメルマ旬報』ラストラン、あと少しだけご一緒いただければ幸いです。副編集長/原カントくん
  • 『水道橋博士のメルマ旬報』夏季特別号 決してLIVEでは読みきれない1962-2021水道橋博士LIFE年表を配信しました
  • 電子書籍(ePub版)最新号 vol.274「水道橋博士 当選&還暦 おめでとうございます!」を発行しました!
  • 「メルマ旬報」新サイトオープンしました(2019年4月1日)

最新の記事