村中誠(むらなかまこと)

square the circle 不可能なことを企てる

村中誠 Makoto MURANAKA

1974年9月13日日本生まれ。

高校卒業後より、役者として活動を始め、主に小劇場の舞台に出演する。

2004年秋から一年間、フランス南西部のトゥールーズで生活をする。サロン・ド・テで調理のアルバイトをしながら、絵を描き始める。街のレストランの壁を借りての個展や地元アーティストととのグループ展に絵を出展する。そこで初めて絵が売れ、自分の絵を買ってくれる人と出会うことの喜びを知る。

2005年日本帰国。埼玉県さいたま市のフレンチレストラン、ビストロやまに勤務。お客様へのサービスをする傍、調理にも携わり、調理師免許を取得する。

2008年より生活の拠点を本格的にフランスに移す。フランス語を学びながら、パリ15区のビストロ L’Os à Moelle で料理人としてアルバイトを始める。その後正式に採用され、2020年にはシェフとして店を任され現在に至る。

2011年一児の父となる。

2020年3月、新型コロナウィルス蔓延の影響でフランスのレストランは休業を余儀なくされ、一時的な失業の身となる。そこでできた時間で、15年間、止めていた絵を再び描き始め、FacebookやInstagramで発表する。

2021年1月 ファミリーアーツ&エムズクルー 舞台「マリアの首」広報用フライヤーの絵を担当する。

2021年2月、南仏にあるワイナリーが主催する自然派ワインのボトルラベルのためのデザインコンクールに参加。そのコンクールの広報活動がきっかけで、SNSで偶然知り合った水道橋博士よりメールマガジン「メルマ旬報」へ連載の話をいただく。

2021年4月、「メルマ旬報」の連載を開始する。

絵を描く料理人から、料理をする絵を描く人に移行中。

今後の予定
2021年9月 パリGalerie SATELITEで行われる第4回「モダンアートエナジー」in Parisに招待アーティストとして出展予定
2021年 絵本『わすれんぼ天使』作・井上優/絵・村中誠 井上出版企画より発売予定

https://www.instagram.com/makoto913_/

博士による紹介

ボクは早朝3時、4時に起床して爆音で音楽を聴きながら日記を書いていますが、その際にClubhouse を立ち上げて
「目覚まし代わり」というタイトルでリスナーに一緒に音楽を聞いてもらうということをやっています。そして朝7時頃、朝食の前に、挙手された方とお話をするというルーティンを最近始めていました。そして去る2月28日に挙手された方がこのMakoto MURANAKAさんです。もちろん、全くの見ず知らずです。
フランスでシェフをしながら絵描きもされているという経歴だけでもボク好みの垂涎モノなのですが、昔は役者をやっていて料理も絵も独学というところで驚くと同時に、その場で開いたInstagramの絵の量と出来栄えに見惚れ、出会って10分足らずで『メルマ旬報』入団を決めました。
 これから連載で綴られる本人の文章と絵から、彼が何者か知っていく過程を皆さん、一緒に経験してください。