マッハスピード豪速球 ガン太 (まっはすぴーどごうそっきゅう がんた )

1984年生まれ。オフィス北野主催のフライデーナイトライブをきっかけに、才能を見出され、2013年1月、オフィス北野に所属。5月にマキタスポーツの推薦がきっかけで、水道橋博士運転手になる。
~マッハスピード豪速球~
坂巻の狂気的演技と、ガン太の書くネタの世界観が特徴のコンビ歴4年目のコントチーム。
「コント、マナー」
http://www.youtube.com/watch?v=ZmsOFHg2Rok

博士による紹介

84年生まれの若手芸人で、元・ボクの運転手。
出会いは……。
「最近、面白い若手はいるの?」とサンキュータツオに聞いたところ、「マッハスピード豪速球」というコンビ名の2人組を薦められ、その「芸名」を気に入ったのがきっかけ。2012年8月、オフィス北野への所属が決まり、挨拶に訪れてきたときに、DVDを渡され、「オレ、これから『アベンジャーズ』見に行くんだけど、キミたちはそれより面白いの?」と尋ねたところ、「はい同じくらいです!」と答える強心臓ぶりを気に入る。
その後、「東京アメリカンクラブ」のイベントに抜擢。麻布の超巨大な会員制社交クラブで、初見の客前で披露したコントで完全にウケきる。コントの腕前は確か。
そして、2013年5月から運転手として採用。
しかし、今までがペーパードライバーだったせいか、運転するたびに、芸名とは真逆の渋滞を繰り返し、「コンビ名と韻を踏んでいないから気に入らない」と腹を立てる。
その後、運転慣れしたのか、コツをつかみ都内は順調に進むようになったと思ったら、羽田空港の帰りに「今日はスイスイ進んでいます!」と言った途端、「スピード違反」で掴まる――というそのタイミングの良さに、ますます気にいった。
メルマ旬報への参加は、2013年8月(Vol.20)から。
一年を経て、ボクの運転手を卒業したが、アングラシーンでコント師としての評判は高まっています。
売れる一歩手前の若手芸人の日常が伺える連載、これを読んで、是非、ライブシーンでご注目下さい。

【動画】『メルマ旬報.TV』ゲスト・ガン太(2016年6月3日放送)
https://videotopics.yahoo.co.jp/video/stove/69968